あらすてき さんそ水の特徴と評判

あらすてき さんそ水の商品紹介ページ

あらすてき さんそ水を販売しているあらすてき株式会社は、その会社名の通り、使った人が「あら、すてき!」と思えるような成分や原料にこだわりを持った化粧品や健康食品を製造・販売しています。あらすてき化粧品の創業者である坂内良子さんは、これまで子育てをしながら様々な職業を経験されてこられたとても活動的な女性です。

ご自身もかつて肌荒れの辛い思いを経験されたこともあり、女性の化粧品に関する相談にも親身に答え、その中で作られた化粧品は多くの愛用者がいらっしゃいます。化粧品だけでなく健康食品の開発も手がけており、その1つでもあるあらすてき さんそ水もまたファンが多い人気商品です。

苗場山の天然水に高濃度の酸素を取り込んだあらすてき さんそ水は、水分不足と酸素不足を同時に補うことができる、美容と健康にぴったりの商品です。500mlペットボトル24本入りケースで価格は7776円、ウェブサイトや30店舗を超える代理店にて購入可能です。

苗場山の神水を使用

あらすてき さんそ水は、新潟県南魚沼群湯沢町で採水された「苗場山の神水」を原料に、特殊な製法で高濃度の酸素を閉じ込めています。苗場山は新潟と長野の県境に位置する標高2145mの山で、日本百名山の1つにもなっています。その頂上には広大な湿原が広がっており、毎年多くの登山者が訪れています。

そんな美しい苗場山で採水された「苗場山の神水」は、長い年月をかけて自然濾過された天然の軟水です。そのままでも美味しく飲むことができる苗場山の神水ですが、そこへ更に特殊な製法でたっぷりと酸素を充填しているため、水分補給と同時に酸素も補うことができます。酸素濃度は120ppm、これは水道水の約30倍の酸素量を意味します。

効果的な酸素補給は、疲れの軽減やストレス解消だけでなく、美容の効果も抜群です。

そのクオリティの高さから割高に感じられる場合も

あらすてき さんそ水はこだわりの製法で作られた効果の高い酸素水ですが、一方で毎日の飲み水として気軽に取り入れたい方にとっては少し割高に感じられるかもしれません。現在他社から発売されている酸素水の平均価格は、1本あたりおよそ100円台後半?200円程度ですが、あらすてき さんそ水は24本入りのケースで7776円。1本あたりの価格にすると324円となかなか高級価格です。

高品質な苗場山の水を使用していることや、酸素濃度の高さからするとその価値は充分にあると言えますが、「コスト的にちょっと悩んでしまう。」という方は、通常のミネラルウォーターなどと組み合わせながら取り入れるシーンを分け、サプリメントのような感覚で利用するのもいいのではないでしょうか。

あらすてき さんそ水の総評

多くの酸素水が販売されている中でも、あらすてき さんそ水は水道水に比べ30倍もの酸素を充填した高濃度酸素水です。一度にたくさんの酸素を体内に取り込むことができるため、慢性的に疲れを感じている方やストレスが溜まっている方にも大変効果的です。国産の天然水である「苗場の神水」を使用した軟水のため、どんな方でも飲みやすく、運動時はもちろん、普段の水分補給やお酒を飲む際の水割り用に使用するなど、あらゆるシーンで取り入れることができます。

日々の生活に取り入れることによって自然と細胞が活発になり、体を健康に、そして美しく変化させてくれる効果があります。同社から発売されている化粧品も女性から人気のため、酸素水と合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。

公式サイトを見る

あらすてき さんそ水の特徴と評判のクチコミ一覧

  • 友人にもらったので水だと思い飲んでみたところ美味しかったので問い合わせました。注文の際にいろいろ質問させていただきましたが丁寧にお答えいただいたうえに、酸素水というものにまさかこんなに効能があるとは思いもしませんでした。ラッキーな気持ちです。
  • あらすてきシリーズの化粧品を愛用しています。そのご縁で酸素水を知りました。水なので即効性はないものだと決めつけていましたが、とんだ先入観だったと今は反省しています。経理という仕事上数字の間違いはご法度なのですが、集中力の切れそうな夕方に合わせて飲むと頭がすっきりします。
TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。