酸素水浄水器の価格相場と製品情報

ペットボトルと違い活用の幅も広がる酸素水の浄水器ですが、大きく分けるとサーバー型・携帯型に分かれています。どちらも一長一短なので、それぞれの特徴を知れば自分に合った酸素水サービスが見極められます。浄水器のメリットと言えば、自宅で気軽に摂取出来るだけでは無く高濃度酸素をいつでも頂ける点です。 更にペットボトルの様にゴミも出ないのでエコですし、料理やお風呂、化粧水にも使えます。反対に施工費用やランニングコストが発生するのがネックです。

 

サーバー型浄水器の価格と特徴

浄水器をイメージすると大抵の方が思い描くのがサーバー型です。サーバー型はボトル・水道直結と複数の種類があり、ボトル型は業者が定期的にボトルを持ってきてくれるので、いつでも新鮮な酸素水が飲めます。酸素と言う部分では無く水にもこだわりたい方に向いていて、硬水から軟水までバラエティ豊かです。

水道直結型は水道の配管施工が必要ですが、これまで飲んでいた水に酸素を加えるので、味が変わる事はありません。設置時に工事が必要ですが、企業によってはキャンペーンで工賃が無料になるケースもあります。

サーバーを一括購入は出来ないので月額での価格となり毎月1500~4000円が平均的です。水にこだわるとその分コストが上がります。

 

携帯型浄水器の価格と特徴

サーバーを設置する場所が無い、または物を置かずにシンプルな中で生活をしたい。しかしペットボトルやパウチを購入するのは面倒だと言う方から支持されているのが携帯型の水素水浄水器です。サーバーはボトル・水道直結と選択出来ますが、携帯型の場合はほとんど水道直結型です。

但し酸素を生成する方法に種類があり、ガスタイプ・電気分解タイプがメインです。マグネシウムタイプもありますが、サーバーで使われているのがメインなので除外します。

ガスタイプは水の性質や味を変えずに直接酸素ガスを使用します。電気分解は金属を使って水の性質を変え、酸素を発生させる方法です。携帯型の価格相場は3万5000~12万円ですが、ランニングコストは水道代のみです。

 

自分に合った浄水器を選ぶには

多くの種類・タイプのある酸素水浄水器ですが、自分に合った製品を選ぶコツを知れば迷う事はありません。まず着目して欲しいのが自分のライフスタイルと酸素水がどの様に関連付いていくのかです。飲料水として使うにしてもずっと自宅にいるのか、出先が多いのかでも違います。

また、運動習慣の有無も酸素濃度の選び方に関わってきます。運動習慣のある方は高濃度の酸素水が良いとされていますし、ペットや家族にも与えたい場合は多くの酸素水が必要になります。こういったことを考慮した上で吟味していけば大きな失敗をせずに選択出来ます。

形状に関しては間取りや生活動線から決めると失敗はありません。価格についてはキャンペーンをやっている企業に申込みをしたり、ランニングコストを減らしたい場合は携帯型にしたりするなど、一工夫するだけでも違います。

 

まとめ

一般的にも知名度の高い酸素水を自宅で摂取したい場合、どの浄水器を選べば良いのかをレクチャーしています。サーバー型は水にこだわりのある方にもおすすめのボトル型や、今飲んでいる水の味を変えずに酸素を注入出来る水道直結型があります。

レンタルがほとんどで料金は月額となります。携帯型はコンパクトでインテリアの様な外観の製品が多く、水道直結型がメインです。酸素注入方法が複数あり、ガス・電気分解がメインです。このタイプは浄水器を一括購入も出来ますので、業者との相談が必要です。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。