二日酔いに効果ありかなしか!酸素水の身体に良い飲み方とは?

お酒を飲むと顔が赤くなったり、人によっては嘔吐したり、頭痛や動悸がしたりします。アルコールが体内に吸収されると、肝臓で分解されるのですが、許容量を超えてしまうと血液に混じって身体をアルコール脳や顔まで回るからです。肝臓で分解される時に体内の酸素を使いますので、その酸素を補充すれば、深酔いせずにすみます。翌日二日酔いで苦しむこともありません。手軽に酸素を取り入れるには、酸素水をおススメします。

 

二日酔いは酸素不足が原因?

お酒を飲むとよい気分になりますが、その裏で体内での酸素が奪われていきます。体内にアルコールが入ると、血液にアルコールが吸収されます。血中アルコール濃度が高まれば高まるほど、酸素を身体に回す量が減っていきます。頭まで酸素がいきわたらなくて、ふらふらしてしまうのは、そのせいです。

またそのまま眠ってしまうと睡眠中無呼吸状態を引き起こす場合があります。睡眠中に必要な酸素を取り入れることが出来なくなります。

そのため、翌朝目が覚めたときに頭が痛かったり、身体がだるかったりなどという症状が出てしまうのです。これは、明らかに酸素が不足している状態です。

 

吸うより飲むほうが早い!

二日酔いを解消する方法は色々ありますが、最近流行しているのは、酸素カプセルです。アルコールを分解するときに体内の酸素が使われますが、許容量を超えてしまうと分解できずに残ってしまい二日酔いの症状が出ます。

それならば、体内に酸素を入れればよいのですが、その体内に酸素を入れる方法として酸素カプセルに入る方方があります。しかし、酸素カプセルは費用が高いのが難点です。年末年始の忘年会、新年会シーズンや、飲み会が続くときなど、ただでさえ会費がかさむのに、毎回毎回酸素カプセル代は出せないのが正直なところです。

携帯用の酸素もありますが、一度開封してしまうとその場で使い切らないといけませんし、1回の量が少ないのが難点です。

その点、酸素水が数本あれば、その問題は全て解決できます。酸素水は、開封してしまうと酸素が段々空気中に抜け出してしまうことがあるので、冷蔵庫などでよく冷やして、開封後はなるべく早く飲みきりましょう。

 

酸素で酔い知らずな身体に

飲酒後に酸素水を飲むことはもちろん奨励されますが、お酒を飲む前に酸素水を飲むともっとよいです。お酒と一緒に水、それも酸素入りの水を飲むと翌日二日酔いになる確率が減ります。

酸素は、血中のアルコールを分解するだけでなく、飲酒の最中に、肝臓でアルコールを分解してくれるからです。肝臓でアルコールを分解する量が多ければ多いほど、アルコールが血液に吸収される量が減りますので、身体の酸素が不足することもありません。

身体をアルコールが駆け巡らないので、翌日体がだるいということもありませんし、深酔いすることを防ぐことが出来ます。

 

まとめ

酸素水は、二日酔いにまったく効果なしとはいえません。むしろ、体内アルコールの分解と酸素が密接な係りをもっている以上、二日酔い予防と酸素は切っても切れない仲です。以上のことから、酸素水は、二日酔いに効果ありといえます。

また、お酒を飲んだ後、就寝前はもちろん、お酒を飲む前に酸素水を飲んだり、飲酒している最中に水を飲んだりすればより効果的です。身体にも優しいです。身体によい飲み方で、楽しいお酒ライフを過ごしましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。