水素水のベストな選び方

赤ちゃんにとって健康に良いものは積極的に取り入れたいけれど、安全性に対して慎重になることは、親であれば当然のことです。水素水についても取り入れたいと思っている一方で、本当に飲ませても大丈夫なのか確認をしたい気持ちも起きてくることは充分理解できます。
ですから、子供の健康に害がないのかどうかといった安全性について、また使用する時に注意する点はどこにあるのかについて調べました。

水素水の濃度で選ぶ

水素水自体は、基本的には赤ちゃんが摂取しても大丈夫です。水素が体に悪影響を与えないことはわかっているからです。でも、基本的にはと言ったことには理由があります。
製品によっては、ミネラル成分やアルカリ性が強いものがあります。大人にとっては大した影響はありませんが、胃や腸の成長が十分でない子供にとっては、かえって悪影響を及ぼすことが考えられます。
では、大丈夫と言える製品はというと、普通の日本の水をそのまま使用したものです。水道水でも、天然水でも日本の水はミネラル成分が強すぎない軟水です。ですから、例えば水道水を利用するサーバーでミネラル成分を強化せずに生成したものなら、大丈夫だということです。
販売されている製品についても、日本の水を使用しているのか、ミネラルはどれだけ含まれているのか成分表をしっかり確認することが重要です。

水素水の抗酸化作用で選ぶ

水素水で赤ちゃんを洗って清潔にしてあげることは、飲ませることよりもかえって安全といえます。先ほども説明した様に、子供は胃や腸の成長が不十分ですから、飲ませることに不安をお持ちの方は、体を洗う時に使用する方が安心できます。
水素は皮膚からも吸収することができますから、沐浴や体を拭く時に使用するだけでも効果は期待できます。特に皮膚が敏感な子供は、おむつかぶれやあせもなど、皮膚トラブルには頻繁に悩まされます。美肌の項でも説明したことですが、水素には炎症を抑える抗炎症作用があります。
皮膚トラブルを防ぐために、日頃から体を清潔にするときに使用することは良い方法だと言えます。ただし、水素は沸騰させると逃げてしまいます。容器に入れたままお風呂の温度程度に湯煎で温めて使用した方が、水素が逃げずに利用できます。

水素水の形で選ぶ

赤ちゃんに水素水を使う時の注意点を説明します。繰り返しになりますが、ミネラル成分やアルカリ性が強いものは避け、中性に近い軟水の製品を選ぶことが重要です。サーバー型などでミネラルウォーターを使用しているものは、必ずミネラル成分の確認が必要です。
一般のミネラルウォーターでも同様ですが、日本の粉ミルクは普通の水道水で栄養バランスが取れるようになっていますから、粉ミルクに使用するときには注意が必要です。また、水にも味があります。
子供は大人よりもかなり味に敏感ですから、自分が嫌だと思ったものは口にしません。味を嫌がって飲まないようなら、無理に飲ませなくても良いことです。飲ませなくても、肌を洗ったり拭いたりするときに使用すれば水素は肌から取り込むことができます。子供が嫌がらない方法で、利用することが大切です。

まとめ

水素水は、赤ちゃんに対しても安全に使えることはお分かり頂けたと思います。子供に使う際の注意点も書きましたが、成分を確認することなどは、水素水に限ったことではなく、他の食べ物を食べさせるときにも皆さん普段から何気なく行っていることです。
飲用するにしても、体を洗うことなどに使用するにしても、子供が嫌がるようなら無理はしない方が賢明です。大人は理屈で納得しますが、子供はそうはいきません。健康に過ごせる環境を整えるために、さり気なく取り入れていただくことが一番です。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。