疲労回復に酸素水が良いのは何故?

乳酸で体が疲れたと感じるのは、実は間違いだった?スポーツ選手は激しい運動のあとにストレッチやマッサージなどの有酸素運動で血流を促進し疲労回復をします。有酸素運動は酸素を消費しながら同時に乳酸もエネルギーとして消化します。このように乳酸は体内で適度に増減していますが、酸素不足が続くと乳酸が増え体が酸性寄りになります。体が酸性になるとどんな影響が出るのでしょうか。酸素水の役割と疲労回復について、乳酸と酸素水の関係、体のバランスについて見ていきましょう。

疲労物質の乳酸とは?

運動をすると筋肉を使います。筋肉を動かすために必要なのは筋グリコーゲンと呼ばれる、糖質です。この筋グリコーゲンが分解されるときに作り出される出るものの一つが乳酸なのです。乳酸が溜まると疲れるというのは昔の話で、時間の経過とともに消えていく乳酸は疲れのもとではなかったということがわかってきました。短時間で力を発揮する激しい運動ほど乳酸は溜まりやすくなります。増えた乳酸はほかの筋肉や、心臓や脳のエネルギーとして再利用されています。乳酸はずっと体内に留まっているわけではないので、それだけが疲労の原因にはならないのです。糖質が不足することや、いろんな原因が重なって疲れになるのです。例えば筋肉の疲労を回復するためには有酸素運動が欠かせません。有酸素運動は酸素を多く消費します。酸素水で酸素を補いながら、使った筋肉の周囲の血液循環を良くする運動、ストレッチや筋肉の冷却など軽い運動を組み合わせることで疲労回復を促進できます。酸素水は水分も同時に効率良く補給できる、疲労回復に便利なアイテムなのです。

激しい運動後には有酸素運動が常識

疲労回復には有酸素運動やマッサージで血液の循環を良くすると回復が早いそうです。ストレッチをしたりお風呂に入ると体が軽くなるのも、血液の循環が良くなり疲労回復が促されるからなのです。有酸素運動は筋肉への負荷がかかりにくい運動のことを指し、脂肪燃焼効果やストレス発散、基礎代謝量がアップすると言われています。有酸素運動を無理なく続けるほど効果は上がります。酸素を取り込みながら、糖質や脂肪を燃焼させてエネルギーに変えます。酸素水で酸素も一緒に水分補給することで、さらなる燃焼効果も期待できます。有酸素運動も酸素水にも共通するのが継続することです。一度やるのは簡単ですが、ずっと同じ事を継続させるのはなかなか難しいものです。ダイエット効果もある有酸素運動のお供に、手軽に酸素を取り入れられる酸素水は適しているのです。

それでも乳酸が残るなら酸素水

乳酸は長い時間、体内に留まることなくエネルギーとして消費されるので疲労の原因ではないと言われています。通常乳酸は増えすぎないように体内で形を変化させ、バランスを保つようになっています。それが、何らかの原因で低酸素状態が長く続くと乳酸が増えてしまうことがあります。人の体は基本中性、それに対して乳酸は酸性なので増えてくると酸性寄りになります。酸性の状態が続くと体にも変化が現れます。頭痛や疲労感、不眠など、病気じゃないのに調子が悪いと感じるときは酸性寄りになっていることが多いようです。疲労回復をするのに有酸素運動が有効ですが酸素不足では効果が上がりません。乳酸を必要以上に増やさないためには、低酸素状態を避けることが大切です。こんなときは酸素を継続的に取り入れられる酸素水が役に立ちそうです。私たちの周りは、質の良い酸素の環境が少なくなっています。日常生活の中で、酸素不足だと感じることが多く疲労回復もままならず、体も酸性になりやすい条件が揃っていると言えるでしょう。酸素水で余分な乳酸を増やさない体をめざし、体質を中性に保ちましょう。

まとめ

体が疲れるのは乳酸だけではなく、ほかの要因が重なって疲労になるようです。乳酸は体内で形を変え、適度に保たれています。酸素不足により乳酸が余分に増えると体質が酸性寄りになってしまい、体に影響が出てきます。疲労感や不眠など、どことなく体がだるいのは酸素不足で乳酸が体に過剰にあることが原因の一つです。激しいスポーツのあとに、有酸素運動をすると酸素を使い糖質や脂肪を燃焼させ乳酸もエネルギーとして再利用されます。取り込まれた酸素は新陳代謝を高めて疲労回復を促します。そこに加えたいのが酸素水です。有酸素運動は長い時間続けることで効果が高まります。酸素不足を補うために、お茶代わりに酸素水を飲むとより効率的な疲労回復の助けになりそうです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。