酸素水サーバーのレンタル時に注意すべきポイントとは?

飲料水に気遣う方が増えて来た中、通常の水ではなく酸素水が自宅で手軽に飲めるとサーバーが注目を浴びています。いつでも気軽に飲めますし、ペットボトルの様に飲む量を気にしたり買い忘れたりする煩わしさから開放されるのが強みです。とは言っても設置には費用がかかりますし、レンタル契約でも様々な種類があるのでどれを選べば良いのかわからない。そんな方のために酸素水サーバーの選び方や注意点を公開していますので、参考にしてみて下さい。

 

サーバーのタイプをチェック

自宅にサーバーを設置する際、まずは種類を見極める必要があります。レンタル時にカタログがあれば請求しても良いですが、複数の種類があるので要注意です。まずはガスタイプですが、これは飲料水に酸素の泡を圧力で浸透させるタイプで、まるで炭酸水の様な見た目です。水の性質を変える事なく飲めるので水本来のおいしさを感じたい方に向いています。

続いては電気分解タイプで、このタイプは電気を通して酸素水を作ります。手軽に多くの酸素水を摂るにはぴったりの方法ですが、このタイプは金属部分が触れる事で水に金属が溶け出す危険性や水の性質を変えてしまう可能性があるので注意が必要です。

マグネシウムタイプはサーバーの中にマグネシウムを含むフィルターでろ過させる事で化学反応を起こして酸素水に作り変えます。この方法はポピュラーですが、フィルターの取り換えが必要です。

 

サーバーで生成できる酸素濃度

時折「酸素水を飲んでも全く効果が出なかった!」という方がいます。この場合、摂取していた酸素水の酸素濃度が低く、満足行く効果が感じられなかった可能性があります。レンタルするサーバーによって酸素濃度が違い、濃度が高い程効果を感じやすくなります。

またせっかく作った酸素水を冷蔵庫で長時間冷やしたり、水筒に入れてそのままにしていたりすると酸素が抜けきってしまうので意味がありません。高濃度の酸素サーバーはやや高価ですが、その分効果を感じやすくなりますので設置の際に判断材料にして下さい。

レンタルではないですが、高濃度酸素を配合した飲料もありますので、用途に合わせて使い分けるのも賢い方法です。企業によっては1~2ヶ月は無料で酸素水を頂けるキャンペーンをしているところもあるので、実際に飲み比べて効果を見るのも良いです。

 

メンテナンスは必要?

ガスタイプ、電気分解タイプ、マグネシウムタイプと様々なサーバーの種類がありますが、全て定期的なメンテナンスが必要です。ガスタイプは酸素ガスが切れてしまうと酸素濃度が低下しますし、電気分解タイプは水に触れる金属が汚れてしまうケースもあります。

マグネシウムタイプは特殊加工されたフィルターを使っているので、長期間使っていると汚れやマグネシウム量の低下に繋がります。

メンテナンスの頻度は半年に一度程度ですし、加入しているプランによっては業者からのコンタクトがありますので安心です。毎日使った後に乾拭きしたり、湿気をできるだけ除去したりと、できる範囲で良いので清潔にしておく事でサーバーの寿命が延びます。

但し特殊なパーツを使っているものがほとんどですし、破損と判断されペナルティを科せられるケースもあるので分解はNGです。

 

まとめ

わざわざ毎回購入しなくても、自宅で高濃度の酸素水が気軽に飲めるサーバーは多くの方から支持を得ています。レンタル契約が主流で、水の性質を変えないガスタイプ、金属の力で水を分解して酸素を発生させる電気分解タイプ、特殊なフィルターを使って効率良く酸素を摂取できるマグネシウムタイプがあります。

どれも定期的なメンテナンスが必要で、業者を呼ぶ必要があり分解するのは厳禁です。また自宅でもできる限り清潔にする事でサーバーの寿命が長くなります。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。