オフィス設置にも最適!酸素水浄水器のレンタル

温暖化や大気汚染などに加え、忙しなく働く現代人は常に酸素不足に陥っています。家庭はもちろん、お店や会社も社員の健康管理には気を配らなければなりません。そこで導入され始めているのが酸素水浄水器です。水と酸素を同時に摂取できることで水分不足と酸素不足を同時に解消することができ、内側から健康を保持していくことが可能になります。サーバーには機能の違う種類がいくつかあるので、しっかり把握していきましょう。

 

酸素水サーバーレンタルの種類

お店や会社に設置する場合、レンタルを行なうことが多いと思いますが、レンタルサーバーにもいくつか違いがあります。日々使用する電気代や、維持費用を抑えた低コストや省エネ設計のものがあったり、効果を重視したものなど、意外に種類があります。

低コストで省エネ仕様の分、便利な機能が付いていないことがあり、効果重視のサーバーでは含める酸素量が多い分、月額料金が高い場合があります。

酸素水を生成して常にサーバーの中でキープする以外に、浄水器としての便利な機能があると常にミネラル温水を好きな時に利用できるメリットなどもあります。また、サーバーを設置する際に給水タイプか水道水直結タイプかでも分かれており、機能性だけでなく設置する場所に応じて選ぶことも重要です。

 

レンタルの使用方法に特徴はあるのか?

レンタルサーバーは水の入ったボトルを交換するタイプと交換しないタイプがあります。通常綺麗な水に酸素を付加していくため、ミネラルウォーターが入ったボトルを常備しておく必要がありますが、直接水を取り込み浄水して酸素を付加することができる水道水直結タイプはボトルの交換が必要ありません。

その分酸素を付加したり、水を綺麗にするフィルターなど綺麗にする必要があり、業務用のものは重くて交換にも一苦労します。しかし、レンタルの場合でも定期メンテナンスなど行ってくれるサービスもあり、交換作業も担ってくれる業者も多くあります。

 

設置した場合の運用金額は?

購入でサーバーを設置する場合は本体価格と設置費用がかかりますが、毎月のレンタル料金が必要ないのでお得です。レンタルは本体代が含まれないため、初期費用を抑えることができます。試しに使用するということが可能ですが、月々にレンタル料金がかかります。

また、設置すると電気代もかかるため、その部分も念頭に入れて利用していく必要があります。利用方法や機種によっても異なりますが、月額1万円前後となり、電気代は千円ほどかかります。

購入とレンタル、どちらも利点がありますが、サービスによってはレンタルがお得となるケースもあるのでおすすめです。

 

まとめ

酸素水を生成するサーバーはレンタルを行なうのがお得です。設置費に本体代が含まれていないので、初期費用を抑えることができ、月々にかかる費用だけで本格的な酸素水を味わうことができます。

水道水直結型であれば、ミネラルウォーターのボトルを交換する手間も省け、大量のボトルを保管しておく必要もありません。水道水直結型であれば会社やお店の外観を損なうこともないのが魅力的です。

機種にもいくつか種類があるので費用を抑えるなら省エネタイプ、効果重視であればより高濃度の酸素を付加できるサーバーを選びましょう。レンタルでもメンテナンスや保証を付けてくれる会社もあるため、比較して自身の求めているものを選びましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。