酸素水関連のトラブルの内容と相談先の紹介

人の体に影響を与えてくれる酸素水ですが、メーカーが顧客を獲得するために広告に載せる効果を過剰表現して行なっていたことが以前問題になっていました。その表現を信じ、思っていた効果が出なかったことで相談件数も多くなったことがありました。多くの件数であったため、消費者庁が注意喚起を出すほど問題となり、メーカーに指摘する事態で解決したケースもあります。実際にあったトラブル内容と、万が一遭遇した場合の相談先もご紹介します。

 

飲用による体への影響

酸素水は酸欠状態になった体を補う効果がありますが、継続した利用で効果を発揮する代物です。薬ではないため即効性があるわけではなく、継続して摂取することで体への影響も徐々に変化していくものとなっています。

人の体は酸素が不足すると同時にエネルギー不足になります。酸素と栄養素が結びつくことでエネルギーになるため、酸素が不足すれば必然的にエネルギー不足となってしまいます。それを解決できる手伝いを行なうのが酸素水ですが、誇大広告によって薬と勘違いする方も多くトラブルも多いようです。

信頼あるメーカーでは事前に薬ではないという旨を提示し、効果もしっかり宣伝広告内に表示されています。

 

誇大広告によるトラブル

実際の効果を適切に表示せず、数字などを大きく見積もった誇大広告による宣伝で勘違いが発生します。その広告を見て購入した方が思っていた効果と異なるために多く相談が消費者庁に寄せられることになりました。薬ではない場合、その旨をしっかり宣伝内に表示し、分かりやすい広告を行なうようにしなければなりません。

また、酸素水は植物への効果が研究によって発表され話題になりました。一週間与えると通常よりも成長スピードや収穫量が増すという効果がありますが、この効果を表示し人の体にも同じような効果があるように大袈裟に宣伝することも今後懸念され、注意が必要になります。

宣伝方法は法的に決まりが施されているので、法を遵守しているメーカーであれば信頼度も高くなりますが、広告内容をすべて信じるのは危険行為となります。

 

トラブルの際の相談先紹介

トラブルが起きた場合、どこに相談することがもっとも適切に解決できるのでしょうか?メーカーに問い合わせて解決できるケースもありますが、解決できない場合は国民生活センターに相談しましょう。問題がメーカー側にあると認められれば払い戻しなど行ってもらえるので相談してみましょう。

各都道府県に相談窓口が設置されているので利用すると良いでしょう。電話相談も行なっているで、トラブルと感じた場合はまずは相談して、そこから解決の糸口を見つけて行きましょう。

 

まとめ

酸素水によるトラブルのほとんどは誇大広告や効果の詳細の不十分さが招いています。適切な広告表示を行なうように国民生活センターや消費者庁から指示されてからは、こういったトラブルも減りましたが、知らずに行っているメーカーも存在している場合もあります。

トラブルに巻き込まれたと感じた場合はすぐに近くの国民生活センターの窓口か電話で相談するようにしましょう。また、事前に巻き込まれないように情報や、知識を持っておくことも重要です。

詐欺のように悪意を持って行なっている場合は、相談した時点で雲隠れしていることもあるので、事前に広告の表示の在り方について把握しておくことがトラブルに遭遇しない鍵となり得るのです。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。