スポーツする時に注意するべき酸素水の飲み方

酸素は生きる上でだけでなく、スポーツを行なう上でも重要な役割を担います。世界で活躍する選手は酸素カプセルなどを活用し、競技に臨んでいる人も多くいます。酸素水も活用されているものの一つで、特に高濃度の酸素が溶けているものは運動する際に特化しており、愛用しているアスリートの方も多く注目を集めています。

スポーツに最適な酸素水の紹介とその特徴、注意点を見ていきましょう。

スポーツに高い効果を発揮できる酸素水

酸素水の特徴は、酸素が水に溶けた状態のため体内に摂取しやすくなる点です。通常、酸素は呼吸によって取り込みます。取り込まれた酸素は栄養素と組み合わさることでエネルギーへと変換されます。これを結合型酸素と言い、結合するとすぐにエネルギーとして体の中で燃焼されます。酸素水の場合は、溶解型酸素であるため毛細血管や細胞の隅々まで酸素が行き渡ることが特徴で、行き届いた後にエネルギーに変えることで筋肉を作る手助けを行ないます。

スポーツでは酸素の欠乏は競技を行なう上で大きく関わるので、すぐエネルギーに変換される結合型の酸素も大事ですが、溶解型の酸素で体の隅までしっかり酸素を届けることも重要になってきます。

普通の水のように飲まないように注意する

スポーツに効果のある酸素水をトレーニングに導入する際には酸素水の特徴を理解しておくことが重要です。酸素が水に溶けている状態なので、水自体に味はなく通常の水と同じように飲めることが特徴です。そのため、運動中でも違和感なく飲むことができ、スムーズに酸素補給を行なうことが可能となります。

しかし、通常の水のように飲めるからと言って、大量に摂取することはおすすめできません。酸素水には利尿作用があり、飲むとトイレに行く回数が増えるため、水分不足になる可能性があります。水分補給を目的に作られたものではないため、大量に飲んでも利尿作用によって飲んだ分以上の水分が出ていくことになり、運動の際には飲む量の調節が必要になってきます。

また、大量に酸素を摂取することで活性酸素の発生リスクも高くなります。酸素をエネルギー源としている有酸素運動を行なっている場合は特に活性酸素の発生リスクが高いため、飲み方もしっかり管理しながら活用することが大切です。

よりスポーツに適した酸素水

酸素水の中でもスポーツに特化したものがあり、高濃度の酸素が入っているものがそれに当てはまります。溶解型の高濃度酸素で消化管から酸素吸収ができるように改良されたものであり、スポーツの中でも特に有酸素運動で不足しがちな酸素を十分に補給することが可能となります。

特殊製法が施されているものは特に、開封した後に酸素が抜けることのないため、長い時間運動する有酸素運動に適していると言えるでしょう。適切に酸素水を使用しながら筋肉トレーニングに励みましょう。

まとめ

酸素水はスポーツに適した飲み物であり、特に酸素をエネルギー源にする有酸素運動ではより高い効果を発揮することができます。細胞の一つ一つに酸素を行き届けることができ、不足してしまいがちな酸素を効率よく補うことができます。

しかし、利尿作用があるので大量に飲むと飲んだ量以上の水分を消費することになるので注意が必要です。正しい飲み方で活用すれば、デメリット部分も気にならずに高い効果を得ることができるようになります。飲む量を調節にながら上手く活用していきましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。