酸素水と炭酸水の明確な違いとは

水素水と同じように体への健康に高い効果をもたらすとされている酸素水と炭酸水は、ブームとなってその知名度を上げていきました。薬局や化粧品売り場にも並んでいることが多くなり、活用している人も多くなりました。しかし、二つの水にどのような違いがあるのか、正確に説明できる人は少ない印象にあります。二つの異なる特徴を見ていくと体への効果がより理解できるはずです。比較しながら見ていきましょう。

 

酸素水の特徴と効果について

酸素水は酸素が溶けている水のことです。通常の水でも酸素は含まれていますが、特殊製法による水中の酸素濃度を高めたものとなり、日常で起こる酸素不足を改善できる効果があります。体内酸素は体内に入ると栄養素と結びついてエネルギーとなり、酸素不足はエネルギー不足を招きます。エネルギーがないと体を活動させる機能が低下する他、脂肪の燃焼も効率が悪くなります。

また酸素水に入っている酸素は溶解型酸素となっており、隅々まで酸素を届けてくれることも特徴です。摂取することで酸素の循環を活発化して血行も良くし、ダイエットにも効果が期待できるのです。酸素は脳の活性化も担っているため、脳の酸欠状態を防ぐには高濃度酸素水が高い効果を発揮できることが特徴です。

 

炭酸水の特徴と効果について

炭酸水は気泡が目に見え、シュワシュワと音のなる飲料水のことです。酸素の溶けている酸素水と違い、水中に溶けているのは二酸化炭素であり、大量にある気泡は二酸化炭素が気体に変化して目に見える状態となっているからです。

圧力を加えることで水に溶かして、その状態で容器に閉じ込められます。開けた際に圧力が変わることで溶けていた二酸化炭素が気体へと一気に変化することであのシュワシュワという状態になるのです。

二酸化炭素が溶けていますが、効果は酸素水と同じく体内に取り込む酸素量を増やすことにあります。異なる点は水で直接酸素を取り込むのではなく、体内の二酸化炭素濃度を上げて一時的に酸欠状態にすることで呼吸による酸素の吸収量を上げることを目的としています。

 

どちらが体に良い効果があるのか?

一時的とは言え、酸欠状態になる炭酸水は一見危険なように思えますが、正しい方法で行なえば血流量も増えて血行が良くなります。顔を洗う際に使用すると肌に微量の刺激を与え、汚れなどを落としやすくする利点もあります。

高濃度の酸素水は体内の隅々に酸素を届けることができ、細胞の活性化を図ることができます。また、飲むことで口臭や口の中の状態を整える作用もあり、歯科でも利用されているのが特徴です。

どちらもそれぞれ違ったアプローチで体に良い影響を与えるものであり、目的に合わせて利用するのが最適と言えるでしょう。どちらも一長一短あるのでしっかり効果と特徴を理解して利用していきましょう。

 

 

まとめ

酸素水には酸素が、炭酸水には二酸化炭素が溶けていることが最大の違いです。しかしどちらも吸収する酸素量を増やすことを目的としており、酸素水は溶解型酸素で体内から吸収し、炭酸水は一時的に酸欠状態になることで、脳に酸素を求めるような状態を必然的に起こし酸素量を増やすことが特徴です。

体内に摂取する他にも、炭酸水は肌への程よい刺激を与えることができるので洗顔に向いていたり、酸素水は口臭や歯の健康面にも効果があるなど、それぞれに違った利点が存在します。自分の目的に合わせた選択を行なって利用してみましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。