酸素水を生み出すサーバーの仕組み

人の体に良い影響を与えてくれる酸素水はペットボトルタイプが主流となっています。しかし、最近ではサーバーも登場し、家でも簡単に飲めるようになりました。一度購入することで好きな時に飲めるのが魅力のサーバーですが、効果はペットボトルタイプと異なるのでしょうか?また、酸素水を生み出すサーバーの仕組みはどのようになっているのか、メリットと共にご紹介します。

 

酸素水を生み出せるサーバー

体の疲労回復やストレス軽減に役立つ酸素水はペットボトルタイプやミストタイプを良く見かけます。実は家庭で作り出せるサーバーも展開されており、家庭でも気軽に酸素水を利用できるようになりました。サーバーは購入と月額制レンタルがあり、状況によって利用方法を選ぶことができます。

機械の仕組みとしては、まず水に含まれる不純物を精密なフィルターで1ミクロンまで取り除き、水道水でも臭いや化学物質を取り除いて綺麗な水にしていきます。不純物が少ないほど、酸素の定着が良くなるため、水のミネラルを残しながら綺麗にしつつ、酸素を付加していきます。

 

サーバーで酸素水を作るメリット

ペットボトルタイプが販売されている中、サーバーで酸素水を作るメリットはあるのでしょうか?家庭で作れるようになると、自分の好きな時に飲むことができるのが大きなメリットです。酸素水は日が経つと抜けていくため、飲もうと思ったタイミングで生成できることは効率良く酸素を取り込むことに繋がっていくのです。

また、サーバーは浄水器とセットになっていることがほとんどのため、綺麗な水を生成して飲めることは、それだけでも大きなメリットとなります。フィルター交換を行わなければなりませんが、スケジュール管理は会社側が行なってくれるので安心です。

 

市販のペットボトルタイプとどちらが良いのか?

市販で買った方が楽なのでは?と考える方も多いと思いますが、酸素水は継続して飲むことで効果を発揮します。家にサーバーがあることで、酸素水を切らすことなく続けられるのが大きな違いです。また、ペットボトルタイプは容器を使っている分コストが多くかかります。サーバーは電気代がかかりますが、水を生成する際に使用するだけなので、ペットボトルタイプよりもお得になり、コストを抑えることができます。

家で酸素を付加しますが、ペットボトルタイプと遜色ない効果を得ることができるのも魅力です。注意したいのが温水には酸素を溶かし込めないという点です。必ず冷水で行ないましょう。また、ヨーロッパから輸入される水はほとんどが硬水であり、日本の軟水と異なり胃腸の弱い人はお腹かを下す可能性もあるので、ミネラルウォーターを使用する際には気を付ける必要があります。

 

まとめ

酸素水を家庭で生成できるサーバーは市販で売っているペットボトルタイプのものと同じような効果をもたらしてくれます。家に設置されていることで常に酸素水を切らさずに健康を維持することができるようになります。浄水器も付いているので、綺麗な水を飲めることもメリットです。

ペットボトルタイプを定期購入するよりもコストを下げることができ、継続しての利用が行えるのも魅力の一つです。設置もフィルター交換、定期メンテナンスもメーカー側が行なってくれることに加えて、保証もしっかりと付いてくるので、安心して利用することができます。酸素不足を解消するのに一度利用してみてはいかがでしょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。