酸素水の飲み方に注意!酸素の取り過ぎは体の劣化を招く

酸素は人の日常に不可欠な要素であり、少しでも体に取り込むことを欠くと生死の問題に繋がっていきます。取り込む量が少ないと体に様々な影響を与えるため、酸素水などを使用し多く取り込むことが重要になってきます。

しかし、実は取り込みすぎると体が劣化する作用が働き、体に悪影響を及ぼしてしまう物質でもあることをご存知でしょうか。劣化の仕組みを学びながら正しい飲み方を知っていきましょう。

生活に必要不可欠な酸素

地球に生きている生き物は空気がなければ生きていけません。大気中の空気には酸素が含まれており、体の中に取り込むと栄養素と結びつくことでエネルギーに変換されます。そのエネルギーは筋肉や内臓を動かすために必要不可欠であり、そのエネルギーができる際に熱も生じ、体温の保持にも繋がります。

酸素の運搬は血液によって行われ、取り込む量が多くなるとより多く運搬しようとする働きが作用して、それにより血流も良くなります。取り込む量が少ないと筋肉と内臓以外にも脳も酸欠状態になり集中力の欠如など様々な影響が出てきます。そのため、しっかり空気を取り込んで体の調子を整えておくことが重要です。

活性酸素とは

空気は取り込めば取り込むほど良いように思えますが、あまり取り込みすぎると体には逆効果となるので注意が必要です。空気を取り込むと血流が良くなりますが、過度に取り込むと活性酸素が発生しやすくなります。これは体の中にある他の物質を酸化させる作用があり、取り込んだ内の2%が変化するとされています。

活性酸素は殺菌力が強く、ウイルスを撃退できる働きがありますが、発生量が増えすぎると強すぎる殺菌効果が正常な細胞を攻撃し始めてしまいます。この作用を酸化と言い、鉄が錆びる作用と同じような現象が体に起こってしまいます。体が酸化することを防ぐには、空気の取り込みを適度な量に抑えることが重要です。運動など行い、呼吸が激しくなると空気の取り込む量も増えて、体が酸化するリスクも高くなってしまいます。

飲みすぎには注意しよう

空気を取り込み過ぎると体の中で酸化が起きてしまうため、酸素水を日常に取り入れるには飲むタイミングに注意することが重要です。運動の前など、酸欠になることが予想される場合や寝る前、朝食前などに飲むと良い効果を得ることができます。飲む際にも一度に大量に飲まずに、小分けにして飲むことがおすすめです。

注意したいのが、食後のタイミングに飲むことです。食後は栄養素と結びついてエネルギーへと変換されているタイミングのため、そのタイミングで飲みすぎると余分なエネルギーが体の酸化を促進させてしまうことになります。そのため、飲むタイミングと一度に飲む量にはしっかり気を付けておくことが、酸化によって体を劣化させない上で重要なこととなります。

まとめ

酸素水を健康のために取り入れるには、飲むタイミングと飲む量をしっかり管理することです。食後ではなく、朝食前や就寝前、運動、飲酒の前後に飲むと効果が高くなります。体内のウイルスを撃退できる反面、体の酸化を起こしてしまう活性酸素の大量発生を防ぐには、飲む量とタイミングの調節も必要になってきます。

取り込む量が少なすぎると内臓や脳が酸欠状態になり、取り込む量が多すぎると酸化し、体の劣化を招くことになります。そのため、水を飲む際にはタイミングと飲み方についてしっかり確認を入れて使用していきましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。