酸素水が植物に良い影響を与える根拠

人にとって植物との共存は豊かな暮らしを行なう上でもっとも重要なことと言えます。どのような環境でもすくすくと育ってくれれば、お店で並ぶ野菜などがより一層充実したものとなっていきます。

作物を効率良く、そして尚且つ安全に育てる方法は酸素水の利用であると、研究者によって明確な実験結果が得られており、機材の開発なども進んでいるのです。研究者が示す酸素水が植物に与える効果をご紹介していきます。

植物にも効果のある酸素水

植物は日を浴びることで二酸化炭素を吸収し酸素を吐き出すため、人にとってなくてはならない存在でもあります。しかし、植物は昼に日を浴びて光合成を行なっていますが、夜には呼吸を行なって生きており、二酸化炭素だけで生きていけるわけではありません。人同様に酸素と栄養素を結び付けてエネルギーを作ることが成長に必要不可欠になってきます。従来では純酸素をボンベで供給して酸素濃度を上げていましたが、その難解さから普及は実現しませんでした。

しかし、酸素水を活用することで従来の方法よりも簡易で、高い効果を得られるようになりました。葉から吸収する酸素に加え、根から汲み上げる水に高濃度の酸素が含まれていると、成長が促進されたり、既に根から切り取られた野菜や花でも延命する効果が確認されたのです。

植物に酸素水が効果があるという学術的な根拠

研究者によると、発芽前の状態や採取された野菜や生け花などに使用する花、土で育てている観葉植物に酸素水を使用して実験を行なっていました。発芽前のほうれん草に実際に使用して、通常の発芽スピードと異なるかの実験では、品種によって効果の差があっても確実な効果が出ていると提示されています。種子の状態は葉による光合成を行なえないため、十分な酸素が必要不可欠になり、その時に高濃度の酸素水で酸素を効率良く吸収できるようにすることで、発芽スピードが通常の2倍になったと考えられるのです。

採取された野菜や花に対しての実験では、根の切り口を通常の水に入れた状態と酸素水に入れた状態で一週間経過させるというものです。根から切り離されたものは水に付けていても通常すぐに枯れてしまいますが、酸素水を用いたものは一週間経っても枯れませんでした。土に根を下ろしている観葉植物の場合は、より延命効果が出ており、成長促進効果も確認されています。

適切な方法で植物に酸素水をあげよう

従来の純酸素を供給して成長を促進させたり延命を持続させる方法は、酸素ボンベなど大掛かりな装置が必要でした。しかし、酸素水は美容や保湿を目的として一般的にも売られており、手に入れやすく、使用方法も難解でないことが魅力です。

実験は家庭用の気泡浴装置で行われており、これらの実験結果はこの家庭用の機械で実現したものになります。ボトルでの購入はお手軽でお試しに向いていますが、コストが掛かる場合もあり、家庭で行なう場合は自身が実践しやすい方法で行ないましょう。

まとめ

植物も酸素が必要不可欠であり、成長を促進させるには葉からだけでなく根からも酸素を供給することが植物への効果が期待できる酸素水は家庭用の気泡浴装置でも発生させることができ、従来の大掛かりな装置を使わずに酸素を供給することができるようになりました。

家庭用の気泡浴装置で水に酸素を含ませて供給することが、植物への効果をより高める方法として最適と言えるでしょう。効率良く育てるための方法を家庭でも一度試してみてはいかがでしょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。