効果の高いのはどちら?酸素水と水素水を比べてみよう

美容に良いとされているものは今までにも多く登場しており、酸素水や水素水も高い効果があるとブームになったもの内の一つです。一見似ているようにも見えるこの二つの水は、実は明確な違いが存在し、効果やデメリットも大きく異なります。体に良いという情報だけで使用するのではなく、しっかり酸素と水素の違いを理解して活用することがより高い美容効果に繋がっていきます。成分や体への影響など具体的に紹介していきます。

 

効果は違うのか?

酸素水は文字通り酸素が溶けている水のことを指します。水には元々酸素が含まれていますが、特殊製法を施すことで水の中に含まれている酸素量を増やし、それを飲むことで日々の酸素不足を解消することができるのが特徴です。乱れた食生活や飲酒、煙草なで酸素不足に陥り、肌の状態が悪くなっている人にオススメできるものとなっています。

一方、水素水は水素分子が溶けている水のことを指します。酸素水同様に水の中の水素分子濃度を高め、美容効果を付加していくものになります。どちらも作用する効果は美容、美肌、ダイエット、アンチエイジングなどですが、スポーツにも活用されています。人に作用する効果はあまり差異はありませんが、植物に対しては酸素水が活用され始め注目を集めています。

 

デメリットの違い

高い効果のあるものにはデメリットが付きものです。酸素水は酸素を多く取り込むことで血行が促進されます。これにより細胞や内臓が活性化され、体調が整えられてきます。しかし、酸素水は利尿作用があり、血行が良くなることでさらに作用して、トイレに行く回数も多くなります。利尿作用が働くものばかり摂取していると水分不足になってしまうので注意が必要となります。

水素水のデメリットは効果が出るまで長期を要するという点です。長い期間欠かさずに摂取し続けなければはっきりした効果が出ず、一回分の価格も高いため費用がかかるのがデメリットとなります。

 

用途によって使い分けよう

どちらも美容、ダイエットに効果があり、体の調子を整えていきます。体の影響に差異はありませんが、前述したように影響を感じられるようになるまでの期間が水素水の方が長いため、使用を継続できる価格かどうか考える必要があります。酸素水も前述したように利尿作用があるため、飲みすぎには十分注意する必要があります。

また、水素と酸素は根本的に異なる存在であり、酸素は栄養素と結びついてエネルギーに変換されます。そのため、細胞の活性化や筋肉の生成に大きく貢献することが特徴であり、スポーツを行なう上では酸素水を利用するのが良いかもしれません。

一方で水素は酸素と結びついて水になり、この結びつきで期待できるのは活性酸素を無害化できるというものです。酸素水で取り込みすぎた酸素を無害化もできる可能性もあり、両方を使い分けて利用することが重要になります。

 

まとめ

酸素と水素は体内での結びつきと発生する成分が異なります。酸素水も水素水も美容や美肌、疲労回復、デトックス効果もありますが、酸素は栄養素と結びつきエネルギーに変えるので細胞の活性化、筋肉の生成に向いています。

ただし呼吸に加えて飲料から酸素を取り込む場合は活性酸素の発生に十分注意する必要があります。水素水は余った酸素と結びつき活性酸素の発生を抑えてくれることが期待できるので、両方の水を上手く使い分けて使用することが重要になります。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。