身体に効果のある酸素水の飲み方とは?

酸素は人間にとって重要な存在です。効率良く取り込まなければ体全体が酸欠状態になってしまい、体の機能に大きな影響を及ぼしてしまします。効率良く酸素を取るには酸素水がおすすめですが、飲み方や飲むタイミングによっては体に影響を感じない場合もあります。

より高い効果を得るためには適切な方法で酸素水を使用することが重要です。期待通りの効果を得るには酸素水が体に与える影響を把握することも大事なので、しっかり見ていきましょう。

酸素水について

酸素が水に含まれているものが酸素水であり、呼吸からだけでなく飲料からも酸素を取り込むことで細胞の隅々まで酸素を補うことができるというのものです。実は酸素には2種類あり、結合型酸素と溶解型酸素があります。通常、呼吸で取り込む酸素は体内に入り、赤血球と結びついて体内を巡ります。脳や心臓などの重要な臓器を優先的に巡るため、その他の細胞が酸素不足になるケースも多くあります。

酸素水は結合型酸素だけでは補えない酸素量を毛細血管などの細かい細胞まで溶解することで補っていきます。酸素を飲むことで、効率良く酸素を取り込むことができるようになります。

酸素水は体にどのような効果が期待できるのか?

酸素水には細胞の隅々まで酸素を行き届けることができるため体に良い影響を与えます。体や臓器が酸素不足になると酸欠状態になり、体のエネルギーが不足していきます。日常で得られる酸素量に加え、飲料からも高濃度の酸素を摂取することで効率良く酸素を取り込むことができるようになります。

酸素不足を解消できる他にも期待できる効果は多く、酸素水は美容やスポーツ、ダイエットにも取り入れられています。また、歯医者でも使用されており、高濃度の酸素水でうがいを行なうことで歯周病や口臭の予防効果が期待できるとされています。水に溶けた酸素を口に含むことで菌を除去し、酸素で歯をコーティングすることで口腔内の環境を整えることができるようになります。

効果を発揮する飲み方とは?

酸素水の効果を最大限に発揮するには、飲むタイミングと飲む量をしっかり管理することです。一日に1リットル程度を摂取することが望ましいですが、一度にたくさん飲むよりもこまめに飲む方が効果が出やすいとされています。一度に酸素を多く取ると活性酸素の発生リスクも高くなるので、少量ずつ飲むことがおすすめです。飲むタイミングは酸素が欠乏する運動の前、起床時、疲労が出てきたと感じたタイミングで飲むと効果を発揮しやすくなります。

また、空腹時に飲むとさらに高い効果を得られるとされています。食後は栄養素を取り込み酸素と結合してエネルギーに変換されているため、細胞まで酸素を行き渡らせるためには変換されないタイミングで摂取する方が良いでしょう。

まとめ

より高い効果を得るには、空腹時に飲むことがおすすめです。栄養素と結びつくとエネルギーに変換されますが、酸素量が多いと活性酸素の発生で逆に細胞を傷付けてしまうことになります。空腹時に飲むことは消化の際の燃焼を避け、細胞に酸素を溶解させやすくなります。

また、活性酸素の発生を避けるために、一度に飲まず少量に分けて飲むことも重要です。酸素を必要とする行動の前に飲むこともおすすめです。運動前や起床時などに飲むことで、必要な酸素を効率良く摂取することができます。適切な飲み方を知り、酸素水の恩恵を最大限に受けましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。