酸素水は熱中症にも効果があるのか根拠を調べてみた

めまいや顔のほてりから始まり、酷くなると痙攣を起こしたり体温が急上昇して命の危険に晒されたりする事もある熱中症。毎年多くの人が被害にあっていますが、誰でも起こりうる症状なので油断出来ません。 近年ではこまめに水分や塩分を摂る様に行政が指導していますが、正しい知識を元に自衛しなければなりません。 ここでは熱中症とは何か?から始まり、酸素水が効果的といわれている根拠や正しい水分補給の方法を説明していますので、参考にしてみて下さい。

 

熱中症が起こる理由

まず熱中症のメカニズムを説明します。人体では熱が作られていてその熱を放熱しながら体温を調整しています。但し高気温の場所に長時間いたり運動で身体を動かしたりする事で筋肉が熱を作り体温が上がり、それを汗で調整しています。

それでも体温が下がらない場合は皮膚の下を流れる血液が増えて放熱を促しますが、血液が全身を駆け巡るので一時的に血液が不足してしまい、血圧が下がり脳に十分な酸素が送られなくなってしまいます。これがめまいや立ちくらみの原因です。

汗で放熱しているので身体は水分不足になり、十分な水分が無い身体は脱水症状を起こします。この時に吐き気や倦怠感、寒気・頭痛が起きます。

水分だけでは無く血液中のナトリウム(塩分)も一緒に排出されると痙攣や足のつりが頻繁になり、それでも放置していると体温調整の機能がままならなくなり脳に影響があったり、意識障害が生じたりします。

 

熱中症を予防するための水分補給方法

軽くみてはいけない恐ろしい熱中症ですが、こまめに水分を補給する事が大切です。また熱中症は夏場に起こりやすい症状ですが、実は日照時間が長くなり始める5月あたりから発生しやすくなります。

のどの渇きを感じた時は既に体内で水分が不足しているという意味になるので、1時間に一度は休憩を取り、水分補給して下さい。但し一気に水分を摂取すると身体に負担がかかってしまう事もあるので、こまめに少しずつ補給するのがベストです。

とは言っても単に水ばかり飲んでいると肝心のナトリウム不足を解消出来ないので意味がありません。クエン酸も一緒に摂取出来る梅干や塩レモンなどと一緒に摂る事をおすすめします。

近年では塩分と糖分を一緒に摂取出来るタブレットも販売されているので、暑くなり始めたらカバンやポケットに数個忍ばせておくと良いです。

 

酸素水は熱中症に効果がある?

もし熱中症になりかけた場合、または予防したい場合に水を飲むのも良いですが酸素水を摂取する事をおすすめします。熱中症により血液の濃度が高くなってしまうと脳や筋肉、全身へ酸素をうまく送る事が出来ずに酸素不足になります。

酸素不足になると頻繁にあくびをしたり眠くなる、ぼんやりとして気分が悪くなったりします。酸素水は体内に取り込まれると肺からヘモグロビンを通じて全身に酸素を配給し、素早く回復するのが根拠といわれています。

別の項目で説明した様に塩分・糖分も一緒に摂取する事で予防が出来ます。特に小さなお子さんや高齢者は体温の変化を感じにくく、気づいた時には時遅しという場合もあるので注意して下さい。

アスリート並みに激しい運動をする場合は、より高濃度の酸素を取り込む事で熱中症予防だけでは無く、パフォーマンスをアップさせる事が出来ます。

 

まとめ

誰でもなりうる症状で放っておくととても危険な熱中症ですが体内の水分や酸素、そして塩分が排出されてしまいうまく機能しなくなる事が原因です。炎天下の場所に長時間いたり、身体を動かしたりしていると熱中症になってしまうので注意して下さい。

この症状を予防、緩和するには体内に酸素を取り込める酸素水と糖分・塩分が必要です。水でも良いですが酸素水は疲労回復効果や脳に素早く酸素を補給出来る根拠があるので、よりスピーディに効果を感じられます。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。