酸素水で辛い二日酔いを改善!飲み方と量はどの程度?

お酒を飲む事でストレス発散に繋がったり、一緒に飲んでいる相手とコミュニケーションを図ったりと一見楽しい事ばかりに思えます。しかし飲みすぎると二日酔いが待っていて、人によっては数時間動けなかったり気分が悪かったりと辛い思いをする様です。 お酒の飲み方でもずいぶん違うとも言われますが、接待や仕事が絡むと進められる事もあり自分のペースで飲めない事もあります。そんな中で酸素水が二日酔いを和らげてくれる様です。

 

なぜ二日酔いになるのか

そもそもなぜ二日酔いになってしまうのでしょうか?人によって同じ量を飲んでも翌日ケロッとしている方もいるので、不公平だと思った事はありませんか?

アルコールは体内に入ると血液に溶け込み肝臓に送られます。飲み始めに顔が赤くなったり、脈が速くなったりするのは血液の流れが関係しているからです。

肝臓に到着したアルコールはアセトアルデヒドという物質に変換され、酵素によって酢酸になります。この時、分解出来なかったアルコールは一度心臓に送られて、再度肝臓に戻って分解を繰り返します。

酢酸になったアルコールは血液をとおり、水と炭酸ガスに分けられ体の外に排出されるのですが、この時に排出されなかった分が残っていて頭痛や吐き気、胸焼けなどを引き起こしてしまいます。

またアルコールは利尿作用があるので、寝ている間に脱水症状を起こし二日酔いになってしまうケースもあります。

 

二日酔いの改善は酸素で

アルコールを分解する時に体内では酸素を使うのですが、体内が酸素不足だとアルコールを分解出来ず有害物質であるアセトアルデヒドが残ってしまい、二日酔いが長引きます。

とにかく早く改善したいのであれば、体内が酸素不足にならない様に効率よく酸素を配給しておく事が大切です。ビタミンや鉄分が多い食材は酸素を含んでいるケースが多く、豚肉や豆腐、ニンニクや牡蠣やレバー、大豆をおつまみにすると翌日の辛い症状が緩和されます。

またアルコールを摂取していると呼吸が浅くなってしまう方もいて、その場合は酸欠状態になるケースもあります。出来れば深呼吸を心掛けゆっくりしたペースで飲酒を楽しむのが二日酔いにならないコツです。

他にもスポーツ用の酸素スプレーも即効性があり効果的ですが、長時間使っていると危険なのでほどほどにして下さい。

 

自宅で手軽に酸素水を補給

効率的に酸素を摂るといえば酸素カプセルでも良いですが、飲みに行った帰りに行くのは現実的ではありません。酸素カプセル内で寝てしまったり、気分が悪くなって嘔吐してしまったりすると周りにも迷惑です。

しかも飲んだ後は一刻も早く帰宅したいと思うので、酸素水をうまく摂取していくのが効率的です。酸素水はペットボトルやパウチでも購入出来ますし、高濃度の酸素を摂りたい場合は専用の高濃度酸素リキッドや自宅にサーバーを設置する必要があります。

就寝する少し前に飲むのが理想的ですが、そのまま寝てしまいそうな時は就寝直前でも構いません。 酸素が多ければ多い程、体内でエネルギー変換されやすいので二日酔いに効果があります。

飲み方としては一気に大量摂取すると胃腸に負担をかけてしまうので、コップ1杯の常温の酸素水を少しずつ飲むのが良いです。

 

まとめ

吐き気や頭痛、人によっては胃もたれに全身倦怠感と様々な症状がある二日酔いは、体内で分解されなかったアセトアルデヒドが悪さをするのが原因です。

この成分を分解し体外に排出するには酸素と水分が必要です。 食材から摂取するのも良いですが、より効率的に酸素を摂取する場合は酸素水がおすすめです。

就寝前にコップ1杯の酸素水を少しずつ飲むのが、基本的な飲み方で合わせてビタミンや鉄分を一緒に取るのも分解を早めるのに良い方法です。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。