酸素水の効果と種類を解説

酸素水とは、その漢字のごとく、酸素が多く含まれた水です。酸素は生き物が生きていく上で欠かせない物ですが、空気中にあるもので、息を吸うたびに体に取り入れられています。その酸素をわざわざ水で摂取する必要はあるのでしょうか?酸素水の効果や種類、そして、同じく水で人気の高い水素水と比較してみましょう。

酸素水の効果

まず酸素が人間にとって大事な気体というのはみなさんご存知だと思います。酸素濃度が薄い山に登ったり、激しい運動中、酸素が不足するとめまいがしたり、立っていられなくなることもあります。これら以外でも、例えば普段煙草を吸う人やストレスが溜まっている人も酸素不足になっている可能性があります。また、現代人は呼吸が浅いということも言われていますが、酸素が実は不足していて、細胞の活性化せずに肌の衰えの原因になっている人もいます。

また、細胞の活性化ができていないと、ダイエットの効率も悪くなります。これら酸素が不足の事態を解消してくれるのが酸素水です。酸素水は通常の水と比較すると、5~30倍の酸素が含まれています。頭をたくさん使った後や眠たい時、また眠くないのにあくびが出やすいですが、そのような時に酸素が不足気味のサインです。

酸素水の種類

2種類の酸素水が販売されています。1つはペットボトルなどで販売されている、そのままで飲むタイプのものです。酸素以外にもミネラルが含まれているものもあるので、酸素と一緒にミネラル補給もできる点がメリットです。

一方、もう別の種類の方は、酸素が高濃度で溶け込んだタイプの酸素水で、小さい容器に詰められています。なので、カバンなどにいれても邪魔にならず、軽いので持ち運びが便利です。飲み方は、飲み物などに振りかけて飲みます。

これなら、旅行や出張先にも持っていきやすい上、お店の飲み物にも入れやすいですね。どちらを飲むにしても、効果を実感したいのであれば酸素が抜ける前に飲み切ることが重要です。そのためには、そのままで飲むタイプの場合、コップなどに移さず飲むこと、お酒で割る場合などは手早く作るようにすることが大切です。

水素水との違いは

水素水も健康や美容目的で愛飲している人が多い水です。しかし、水素水と酸素水は全く別物です。水素水は水素分子が溶け込んだ水です。酸素水や普通の水と同じく見た目は透明で、味もありません。

水素水には細胞の劣化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。また、酸素水の効果に対して否定的な研究データもある一方で、水素水の研究は現在でも活発に行われており、効果がはっきりと実証されたわけではありませんが、有意な研究データも発表されてきています。

水素水に期待できる効果として挙げられるのが、整腸作用による便秘の解消、疲労感の緩和、血管内皮機能の向上、Ⅱ型糖尿病の改善、リウマチの症の改善、睡眠の質の向上、運動後の疲労感の軽減等があります。病気が治るわけではありませんが、症状の緩和や改善ができるという研究結果があり、研究が途中なことから、将来性が高い水ともいえます。

まとめ

酸素水は通常のミスよりも高濃度の酸素が溶け込んだ水で、細胞の活性化によって若返り効果やダイエット効果、またストレスやたばこによる酸素不足を補うものとして人気の水となりました。そのまま飲めるタイプやより高濃度に濃縮した持ち運びしやすいタイプがあって、生活スタイルに合わせたり、お酒を飲むときに使ったりとできます。

一方、最近人気になりつつある水素水は活性酸素を抑制することで、病気の改善や症状の緩和ができたりと、健康面でもその効果が研究により実証されています。飲むだけで健康面や美容面で効果が期待できるので、生活に取り入れてみてはいかがでしょう?

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。