酸素水ダイエット、一日にどのくらいが適量?効果的な飲み方は?

息を吸った際に吸収される酸素は、血液中のヘモグロビンにより体内にいきわたります。しかし、血管が細い部分は、ヘモグロビンが通過しにくく、酸素が充分にいきわたらない状況が起こる場合があります。液体に直接溶け込む酸素があれば、全身の隅々まで酸素がいきわたります。身体において一番は生命活動なので、ダイエットなどの余分な脂肪を燃焼させるという作業は後回しにされます。酸素水は、ダイエットを成功させる必須アイテムなのです。

 

1本でウォーキングと同じ効果あり

ダイエットには、有酸素運動が効果ありといわれていますが、有酸素運動は、脂肪を燃焼させ、代謝をよくします。代謝が良くなれば体内の余分な脂肪分が排除されます。
この脂肪を燃焼させる為に大量の酸素が必要となります。

脂肪を燃焼させようとしても、酸素が少ないとどうでしょう。脂肪を燃焼させるには、少なくとも15分以上は持続させなければなりません。短距離走などの無酸素運動もありますが、15分以上も全速力で走り続けるのは不可能に等しいです。

一時的に筋力はつきますが、ダイエット効果はまったくありません。無理な運動は、身体を壊してしまう原因にもなります。

短い時間で、ウォーキングと同じ効果を期待したければ、高濃度酸素が入った酸素水を飲めば、体内に酸素が吸収され、脂肪を燃焼させてくれるので、ダイエット効果があります。

 

これさえあれば食事制限の必要なし!?

酸素カプセルで痩せたという利用者の声が多くあがっています。全身隈なく酸素がいきわたる酸素カプセルは効果的ですが、料金が高いのと、一定の期間拘束されるので、自宅で手軽にというわけにはいきません。

しかし、酸素サプリメントがあれば、充分酸素カプセルで吸収できる酸素の量をまかなえますし、コップの水に1、2滴たらすだけで効果があります。

酸素が体内に吸収され、脂肪を燃焼してくれます。食事をとっても、余分なエネルギーは、酸素により分解され、排出されるので、無理な食事制限をしなくてもすみます。

しかし、これはあくまでもサプリメントなので、コレさえ飲めば痩せられるという考えではなく、バランスのよい食事、適度な運動を心がけ、1回の適量を守り併用しましょう。

 

ダイエットに効果的な飲み方は

いくらダイエットに効果あるからといって、一度に多量摂取や、他の栄養素をとらずに水ばかり飲んでいては、効果はありません。身体を壊す原因となります。適量はどのくらいなのでしょうか。

一日に必要な水分摂取量は、平均的な体重の人で女性はだいたい2リットル、男性は2.5リットルといわれています。市販の2リットルのペットボトルを1日で飲みきる計算です。

最も効果的な飲み方は、朝、起きたときにコップ1杯から2杯の水を飲み、食事中よりも食事の前に飲む方が効果的です。入浴前と入浴後、就寝前に飲むとより効果的です。

冷たい水ばかり飲んでは身体が冷えてしまうという方は、温い白湯にして飲むと胃にも優しいのでおススメです。

 

まとめ

酸素は、脂肪を燃焼させる働きがあり、ダイエットを補助してくれる効果があることが分かりました。しかし、過度なダイエットは、体力を衰えさせ、別の病気を引き起こす原因となります。

酸素水ダイエットも、一日の適量を守り、効果的な飲み方を心がけましょう。あくまでも、酸素水やサプリメントは補助食品として認識し、そればかり頼るのではなく、日頃からの食生活を見直し、規則正しい生活をすることで、よりダイエット効果が表れることでしょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。