デメリットあり?良い効果のある酸素水も飲みすぎには注意!

良い効果を体に与えてくれる酸素水は、高い効果故に注意しなければならない部分もあります。効果が高いからと飲みすぎているとかえって体への負担を大きくしてしまいます。体調を整えるためにはメリット部分だけでなくデメリット部分を深く知ることも重要です。

メリット部分以外も知ることで酸素水の高い効能が見えてくることも事実であるため、しっかり理解して正しい利用方法を知っていきましょう。

 

酸素水を摂取することで得られるもの

酸素水を飲むことで体に得られるメリットは大きく分けて4つあります。1つ目は酸素を取り込むことで代謝を良くし、脂肪を燃やすことを促してダイエット効果を与えることです。血中の酸素濃度を上げて、代謝を良くすると有酸素運動と同じ効果を得ることができます。2つ目はデトックス効果で、発汗作用を促進して老廃物を排出する効果を得られます。

3つ目は美肌効果です。酸素量が多くなることで血行が良くなり、肌つやなどに良い影響が出てきます。4つ目は酸素を取り込むことによる疲労回復効果です。酸素カプセルに入ると体や気持ちもリラックスすることができ、酸素水ではそれと同じ効果を得られるとされています。

 

メリットだけじゃない酸素水の効能

多くのメリットがあるように思えますが、酸素水の飲みすぎには十分注意しましょう。酸素を多く取り込めますが、血中の酸素濃度が高くなりすぎると活性酸素の発生が多くなります。水自体に活性酸素の除去効果がありますが、酸素を取り込んで有酸素運動と同じ効果を得ている以上、正しい飲み方をしなければ活性酸素の大量発生を招いて体をかえって痛めつけてしまいます。体内に酸素が多くなることは必ずしも良いことばかりではないのです。

また、酸素水には利尿作用や便通を良くする効果もあります。利尿作用は新陳代謝を高める効果もありますが、多く摂取しすぎるとトイレに行く回数が増えてしまうことになり、別の病気になる可能性を高くしてしまうので注意しましょう。

 

デメリットに気を付けて続けることが大切

体に良い効果のあるものはメリットばかりではなく必ずデメリットも存在します。酸素水は多く取り込むと利尿作用が働いてトイレが近くなる点や活性酸素の発生を促してしまうことがデメリットとなりますが、もう一点注意しなければならないのが水から酸素が抜けてしまうことです。一度ペットボトルを空けると酸素は水から抜け始めてしまい、本来の効果を発揮することができません。

ただし、ただ酸素を水に溶解させた場合は抜けていきますが、高濃度の酸素水は特殊な技術など用いているため、開封した後も酸素が水に溶けていることが特徴です。日常に取り入れる場合は、デメリットを補っているものを選んで正しく摂取することが大切です。

 

まとめ

効果の高い飲み物には少なからずデメリットが存在します。飲みすぎると利尿作用や活性酸素の発生の可能性も考えながら量を調節しながら飲むことが重要になります。一度に大量に飲まず、少量に分けて飲むことで、デメリット部分を抑えながら高い効果を得ることに繋がります。

また、酸素水は開けた瞬間から酸素が抜けてしまう点もデメリットであり、酸素が抜けにくい高濃度の酸素が溶けているものやボトルに特殊加工がされているものを選ぶことがより効果を得るためには重要です。デメリットをしっかり理解し、適切な方法や酸素水を選んで飲むことが体に良い影響が出るようになります。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。