なぜ酸素水は寝る前がいいのか?その根拠を公開

水分は人体に不可欠で、飲むタイミングによって効果が違います。朝一番で飲むと代謝をアップさせる効果があったり、お通じを良くしてくれたりします。 ただの水でもこの様な効果があるので、健康に良いと言われている酸素水に置き換えると更に良い効果がでると思いませんか? 寝る前やスポーツの前後だけでは無く、日中の飲料水も酸素水に変えた方が良い根拠にも迫っています。飲み方や注意点も公開しているので、これまで酸素水にチャレンジした事の無い方も安心です。

 

寝る前の水分補給に不安がある方へ

寝る前に水分を取ると夜間に起きてしまったり、尿意を催してしまったりするのであまり水分を取りたくない。確かに水分を摂り過ぎてしまうと夜中に起きてしまったり、翌日のむくみの原因になったりします。

過去に失敗してしまうと、どうしても寝る前の水分補給に不安を感じてしまいますが、適正な量を知れば失敗を回避出来ます。まず飲む量ですが、就寝する1時間前にコップ1杯だけで良いです。身体を冷やすと良くないので常温の水がおすすめです。

酸素水の場合はコップ三分の二程度で問題ありません。酸素水自体、温めるものでは無いので水と同じ様に常温で飲んで下さい。 この時に事前にお手洗いを済ませておくと夜間帯に起きる心配もありません。

夏を含む蒸し暑い時期や汗をかきやすい時は少しだけ多めに飲むと脱水症状を防げるのでお子さんや高齢者も習慣付けると良いです。

 

寝る前がベストな根拠

なんとなく眠りが浅い気がする。または夜中に何度も起きてしまう。多くの人が体験していると思いますが、実は眠りが浅く症状が続くと不眠症になってしまう危険性があります。原因は様々ですが、睡眠中の水分不足も一つの根拠になります。

私達が思っている以上に睡眠中は汗をかき、1晩でコップ1~2杯分の汗をかきます。 その為、寝る前に水分補給をしておく事で眠りが深くなります。

酸素水は副交感神経を優位にする効果があるので、寝る前におすすめです。副交感神経が優位になるとリラックスするだけでは無く、末梢血管が拡張するので冷えが解消し入眠しやすい強みもあります。

寒い冬だけでは無くエアコンをつけている夏場は、気温のせいで乾燥やのどの渇きに気付かない事もあります。これらを考えると寝る前に酸素水を飲むのは、とても理に適っているのです。

 

飲み方と注意点

冷たい水は口当たりが良く、すっきりしますが身体を冷やすので就寝前はおすすめしません。15度前後の常温であれば胃腸への刺激も無く、リラックス効果もあります。酸素水はリラックス効果だけでは無く、身体に刺激を与えて免疫力をアップさせる働きがあるので、寝る前に飲めばアンチエイジング効果もあります。

とは言っても一気に飲むのは好ましくないので少しずつ飲み、出来る限り身体に負担を与えない様にして下さい。また健康に良いからといって就寝直前に飲むのはNGです。就寝前は身体がオフモードになりかけているので、当然腎臓の機能も低下しています。

その為、水分を体外に出す機能が働かずむくみの原因になります。 これが重症化すると亭ナトリウム症を起こして水毒症を引き起こします。いくら身体に良くても飲み方、適量を守らないと意味がありません。

 

まとめ

酸素水は免疫力をアップさせたり、リラックス効果があったりするので寝る前に飲む事で、効果は何倍にも発揮します。就寝前の水分補給に不安があったり、過去に失敗してしまったりする方は飲む量やタイミングを誤っていた可能性もあります。

飲むタイミングは就寝1時間前、コップ1杯~3分の2程度で問題ありません。キンキンに冷えた水や酸素水は身体に負担をかけてしまうので、常温で時間をかけて飲むとより効果的です。これらの根拠を知る事で、就寝時の水分補給の大切さが分かります。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。