酸素水入りのお風呂がある?その効果とは?

酸素水は健康や美容面に良い効果があるとして愛飲している人も多いです。また、湯船に浸かる事も健康や美容面に良いとされています。それでは、酸素水とお風呂をかけ合わせたら、どのような効果が期待できるのか一緒に見てみましょう。酸素風呂とはどういうものなのか、その効果とは、そして酸素風呂のデメリットについてまとめました。

酸素風呂とは?

酸素風呂には2つの種類があります。1つは湯船に酸素を送り込み酸素の気泡を出す方法で、もう1つは浴室内を酸素で満たし、酸素濃度を30%に保つ方法です。酸素は生き物が生きていく上で不可欠のものです。空気中に一定量存在はするものの、平地にいる健康な人が酸欠になることはほとんどないでしょう。

しかし、現代人は仕事や人間関係からのストレスが多く、過度の食事、運動不足などにより、体内の酸素が不足していると言われています。特に運動不足による血中の酸素不足を指摘する専門家もおり、酸素が不足する事で頭痛、疲労感を感じている人もいます。

酸素が不足すると美容面でも影響がで、新陳代謝が下がることによって、肌のクスミ、冷え性を感じたり、ダイエットの成果が感じにくくなったりします。このような体の不調を解決するのに酸素風呂は効果を期待できます。

酸素風呂の効果

酸素風呂の効果は実に様々あります。まず、湯船に酸素を送り込むタイプのものですが、細かい気泡が常に発生している状態です。気泡により毛穴の汚れを落とす洗浄効果が高いと言われており、女性でも男性でも素肌の美しさを保つ効果を期待できます。

また、気泡により体が温まりやすく、また保温効果も持続しやすくなります。湯冷めをしにくくなるので、普段から冷え性を感じる人や寒くて乾燥しやすい冬場にはぴったりですね。浴室に酸素を送り込むタイプでも、浴室内の酸素濃度が30%になることで、息苦しさがなくなり、リラックス効果を感じることができます。

また、酸素が十分に供給されることで、新陳代謝が上がり、毒素の排出が促されると共に、体脂肪の燃焼率も上がります。美肌効果、デトックス効果、ダイエット効果も期待できます。

酸素風呂のデメリット

メリットの多そうな酸素風呂ですが、デメリットになってしまうこともあります。家庭で楽しむために、大規模な風呂のリフォームが必要になることがあります。大手メーカーではシステムバスにオプションで付ける形で販売されているものがあるのですが、今使っているシステムバスや浴槽の機種と合わないと取り付けができないので、リフォームが必要になることもあります。

そうなると、費用がかなり高くなってしまいます。また、毎回の掃除が面倒と感じる方も多いようです。掃除の仕方は、泡が出る部分のカートリッジを取り出し、分解して小さいブラシ等で洗う必要があります。毎日洗う必要はありませんが、1週間に1回が目安になります。この他、「店の酸素風呂と比較すると物足りなさを感じる」「電気代がかかる」ということも挙げられています。

まとめ

酸素風呂は健康や美容に気を使っている方にはうれしい効果が期待できるもので、現代のようなストレスや生活習慣で酸素不足になりがちな私たちには取り入れたいものです。期待できる効果としては、新陳代謝のアップ、美肌、デトックス、冷え性、ダイエット効果があり、リラックス効果も挙げられます。しかしながら、設置費用の高さや掃除の面倒さなどのデメリットもあります。今リフォームを考えているのでしたら、酸素風呂にできるシステムバスを取り入れるのもいいかもしれませんね。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。