酸素水はアスリートにこそおすすめ!適量と飲むタイミング

一般人が行う運動よりもはるかにハードで、屈強なトレーニングをするアスリートは当然疲労もハードです。激しい運動は身体に乳酸を蓄積させ筋肉痛を始めに、肉体疲労をもたらします。 これまで肉体疲労を回復させるにはタンパク質やアミノ酸が必須と言われていましたが、実は酸素も重要な役割を果たしていました。そこで酸素を効率よく摂取する酸素水が注目を集めています。単に摂取すれば良いのはでは無く適量や飲むタイミング、注意点も含めて紹介しています。

 

なぜアスリートにおすすめなのか

酸素水は免疫力を活性化させたり、二日酔いやケガに効いたりするといわれていますが、なぜアスリートにおすすめといわれているのでしょうか。それを説明するにはまず酸素水の働きについて説明します。

人間が生命活動をする際に必要な酸素ですが、この酸素と栄養素があわさって大きなエネルギーになります。このエネルギーは筋力を作ったり、運動能力を最大限に引き出せる様になったりするものです。

私達の様に運動習慣の無い方が摂取しても問題はありませんが、激しい運動をするアスリートが摂取する事でパフォーマンスを向上させる事が出来ます。

酸素が全身に行き渡る事で、乳酸を体外に排出出来るので疲労回復が早まる特徴もあります。 特に高濃度の酸素水は毎日適量飲む事で、身体が軽くなり動きやすくなる事がわかっていますので、多くの方から支持されています。

 

飲むタイミングと適量を知る

実際に酸素水を摂取する場合、どのくらいの量が適量、また飲むタイミングを知ればより効果的に摂取出来ます。量は1日300~500mlが適量で、冷やした状態よりも常温の方が身体に負担がかかりません。

一気に飲むよりも、少しずつ飲む方が効率良く全身に酸素を取り込めるので、出来る限りゆっくり飲む事をおすすめします。

飲むタイミングは期待する効果によっても違いますが、運動のパフォーマンスを最大限に引き出したいのであれば運動前がおすすめです。直前に飲んでしまうと動きに鈍りが生じる可能性もあるので、運動を開始する30分前が理想です。

疲労回復に着目するのなら運動中、そして終わった直後がおすすめです。運動をしている間は、疲労物質がたまっている最中なのでそれを少しでも排出させる事が出来ます。運動の後は筋肉痛の原因である乳酸を除去してくれます。

 

トレーニング時も常飲すべき?

試合や運動の際に酸素水を飲むアスリートは多くいますが、トレーニング前後も飲む事を勧めます。普段から体内に多くの酸素を取り入れておけば、本番前の激しいトレーニングにも耐えられますし酸素が十分なので疲労回復が早いです。

疲労は雪ダルマの様で、気づいていないだけで少しずつ蓄積されていくものなので日ごろから酸素水を飲んでおく事でその雪ダルマ(疲労)をしっかりとなくしておく事が出来ます。

もちろん運動後はナトリウムが不足しているので、酸素水と合わせてクエン酸などを摂取するとより効率的です。その際は普段と同じ様に1日300~500mlが適量となりますので、トレーニングが激しいからといって量を増やしてもあまり変わりはありません。

トレーニングや運動をした日の寝る前にコップ1杯の酸素水を摂取すると、睡眠の質がよくなったり成長ホルモンの分泌が盛んになったりします。

 

まとめ

よりハードな運動を行い、自分の限界以上のパフォーマンスを発揮するアスリートから支持されている酸素水には、多くの効果があります。 まず疲労回復を早めたり、筋肉痛の原因になる乳酸を体外へいち早く排出したりする効果があります。

他にも就寝時の成長ホルモンの活性化にも効果的なので、今以上の結果を望むアスリートから支持されています。運動、またはトレーニング前後に300~500mlが適量で少しずつ飲む事で、効率よく全身に酸素を取り込めます。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。