作物に効果あり?酸素水で農業を効率的に

日本国内の自給率は先進国の中でもかなり低く、ほとんどを輸入製品に頼っているのが現状です。野菜などの作物も例外ではなく、台風や地震など災害の多い日本では効率良く農作物を育てることは優先的に考えなければならない問題の一つなのです。

ある実験結果によって農作物を効率良く育てるには酸素水が最適とされ、農業への導入が行われ始めています。現在の農業の現状から、酸素水が作物に与える効果を見ていきます。

深刻な作物の酸素不足

台風などの災害によって作物に大ダメージがもたらされることはニュースでよく見かけていると思いますが、災害が過ぎ去った後も日常的に酸素不足に陥っているのが今の農作物の現状になります。災害などによって土の栄養素や水の状態が悪くなることで、台風が過ぎ去った後も作物を効率良く育てることが困難になります。

状態の悪い水だと、植物が酸素不足に陥り、人と同じように酸素と栄養素を結びつけることでエネルギーを生み出している植物にとって、酸素不足は成長するためのエネルギーが枯渇することと同じ意味を表します。また、植物には水が欠かせませんが、水を与えすぎることは根を腐らせ、枯らすことになるため、綺麗な水でもただ与えれば良いというわけではないのです。

作物の育ち方を比較

効率良く作物を育てるには酸素水が有効という実験結果が出ていますが、具体的にはどのような差があるのでしょうか。サニーレタスをただの水道水で育てた場合と、酸素水製造装置を利用した水での育て方を比較した場合、成長スピードや収穫量が酸素を発生させた水の方が明らかに良い状態でした。

植物は酸素と栄養素が結合してエネルギーに変わります。エネルギーは成長に必要不可欠なので酸素不足を解消すると自然と成長が促進されます。また、この装置を活用するとリスクやコストの高いメロンなどの作物でも効率良く栽培することが可能となるのです。育てる条件が難しい作物も、高濃度の酸素水を活用することで高品質に栽培することができるのが酸素水の活用方法の利点となります。

酸素水製造装置の価格

装置の価格は基本的に企業への問い合わせでしか分かりませんが、提示されているものは50万から100万、500万、中には1000万かかるものもあります。高い物は酸素水を発生させるだけでなく様々な機能が付加されているケースが多いようです。高い機材を購入できない農家さんにはレンタルも実施している企業があるので、一度利用してみると良いでしょう。

蛇口設置タイプなどは安いもので1万程で手に入れることができるので試しに利用してみるのも一つの手段です。価格だけではなく、出張デモなども活用して効果をしっかり確認してから判断することも重要です。

まとめ

作物の栽培の効率化は農業だけでなく、日本の未来も明るくしていく重要な要素となります。作物はデリケートであるため、些細なことでも収穫できない状態に陥ります。災害の起きやすく、自給率の少ない日本において作物の栽培の効率化は深刻な問題です。その問題を変えるための革新的な農事用機材が酸素水製造機なのです。酸素を根からも取り込めるように促し、作物の成長を促進させていきます。

価格は100万からでも利用でき、蛇口型のものであれば1万で可能となります。水を変えることで農業の在り方を変えていくことができるようになるので、農家さんはぜひ活用してみましょう。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。