作物にはどのくらいの酸素が必要?農業にも利用されてる酸素水に注目

農業で栽培する作物には十分な酸素量が必要不可欠です。酸素が足りないと、収穫量の減少や品質の低下などが起こってしまいます。実は従来の方法では作物に必要な酸素を十分に補えておらず、また補うためにはコストがかかりすぎていたのが問題でした。そこで新たに登場した方法が酸素水の存在です。多くの農業メーカーも開発や生産を積極的に行なっており、作物の酸素不足を解決できる糸口となっています。今後の農業に大きく関わってくる酸素水をご紹介していきます。

 

作物を育てるのに必要な酸素量

植物は昼間は陽の光を浴びて光合成を行なっています。二酸化炭素を吸って酸素を吐き出すため、昼間は酸素がなくても生きていけると思っている人も少なくはありませんが、植物も成長をするのに必ず酸素が必要になります。人が酸素を吸って体内で栄養素と結びつくことでエネルギーに変換されるのと同じように、植物もエネルギーを使わなければ大きく成長できません。

しかし、空気中から取り込める酸素量も少なく、特に昼間は光合成を行なっているためより酸素量がより少なくなります。夜に呼吸を行なって酸素を補いますが、それでも作物としての品質や多くの収穫量を見込むためには不十分な量となってしまいます。水から酸素を取り込むことで酸素不足を補っていますが、水に含まれる酸素量も少ないのが現状です。

 

酸素不足を解決できる酸素水

日本の作物の酸素不足が深刻化する中、革新的な方法が登場したのはここ数年のことで、植物が十分な酸素を根から取り込めるように考案したのが酸素水の利用になります。光合成を行なう昼間には酸素不足に陥りやすくなりますが、根から吸収する水から酸素を十分に取り込めれば解決できるというものです。

しかし、通常の水から取り込める酸素の量も微量であり、また与える水の量を増やせば根が腐るため、水量も容易に増やすことはできません。酸素水は水の量をそのままに酸素濃度を高めたものとなり、根の腐る心配なく供給できる酸素量を増やすことができます。酸素濃度を高くすることで、細胞を傷付ける活性酸素が発生しますが、人と異なり活性酸素の攻撃による刺激で成長が促進されることもこの方法の利点の一つとなります。

 

農業用の酸素水製造装置

酸素水を製造するには大掛かりな装置が必要で、どのくらいの費用がかかるのかと考える農家の方も少なくないと思います。しかし、酸素水製造装置は従来の純酸素を作り出して植物に供給する機材より大幅に低コストで農家に提供することができます。

その理由に挙げられるのは、試験実験では美容や保湿目的の家庭用の気泡浴装置を使用して行なわれ、それでも高い効果を実現することができたことにあります。家庭用と同じような仕組みでも十分作物に良い影響を与えるため、低コストで機器を生産することに成功できたのです。

 

まとめ

作物の品質を高くする、収穫量を増やすことは容易なことではありません。手間やコストもかかってしまい、足踏みする農家さんも今まで多かったはずです。しかし、酸素水製造機の登場で今後の農業の在り方が大きく変わっていくはずです。

大掛かりな機材も必要なく、従来のものよりも低価格で手に入り、それでも高い効果を実現できることは、今まで農家の方々が待ち望んでいた方法ではないでしょうか。農業においての今後の酸素水製造機の活躍に期待が高まっていきます。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。