研究者が示す酸素水が農業に影響する根拠

植物は二酸化炭素を吸って酸素を生み出す貴重な存在ですが、その生命維持には酸素が必要不可欠になります。水に含まれる酸素を吸収することができなければ、植物も生きてはいけません。植物の成長を促進させるには、効率良く酸素を供給させることが重要です。

酸素水が作物に良い影響を与えることは研究者たちによって提示され、農業にも活用され始めています。良い影響を与える根拠と、今後発展していく農業の未来について触れていきましょう。

酸素水は植物に影響を与える

酸素は植物にも必要不可欠な存在であり、酸素量が多い環境と少ない環境では、作物の成長速度や収穫量が異なってきます。植物は昼間に二酸化炭素を吸収し、酸素を生み出す光合成を行なっていますが、水から栄養や酸素を取り込まなければ生きていけません。栄養と酸素が結びつくことでエネルギーになり、このエネルギーで成長してすることができます。

人に例えると筋肉を作るためにはエネルギーが必要で、植物にも酸素を吸収して筋肉を鍛えていく必要があるということです。そのエネルギーを生み出すには酸素を十分に吸収する必要がありますが、昼間は光合成で葉から酸素を取り込んでおらず、根から吸収することになります。ここで酸素水を用いることで昼間に不足してしまう酸素量を補うことができるようになるのです。

酸素水製造機の開発の根拠

水に酸素を含ませることのできる酸素水製造機は現在様々なメーカーが開発に勤しんでいます。そもそも開発の元となったのが、従来使用していた井戸水にあります。農作物を育てる場合、井戸水を引っ張り灌水に利用していました。しかし、日本国内の井戸水に含まれる酸素量は極めて少なめであり、作物を効率良く育てるには不十分とされていたのです。さらに酸素不足は根腐れを引き起こす原因となるため、酸素補給を行なう必要がありましたが、従来の方法ではコストが掛かり過ぎていたのが問題でした。

そこで研究者が考案したのが酸素水による成長促進です。高濃度の酸素を水に含ませると植物の健康状態が維持される研究結果を根拠とし、開発と導入が進められていったのです。

酸素水で明るい農業へ

従来の方法ではコストがかかり、農家さんへの負担が増えることが多かったですが、酸素水の作物への良い影響が研究発表されたことで農業の効率を格段に上げていくことが可能となりました。酸素水を活用することで栽培の難しかった作物も失敗のリスクを恐れることなく育てることができるようになり、日本で食べれる作物も格段に増えていくのではないでしょうか。

また、この技術を使うことで、悪条件の環境での栽培も今後行なえるようになっていく可能性もあり、酸素水が農業を明るく照らす日も近いのではないでしょうか。

まとめ

試験結果を元に開発された酸素水製造機は従来のものよりもコストが低く、高い効果をもたらしてくれる画期的な方法となり、作物の栽培を効率良く行なうことができるようになります。国内の自給率が少ない日本だからこそ、限られた土地で効率良く栽培することが重要になってくるのです。

酸素水の活用により、作物の活性化と収穫量の増加以外にも、今まで栽培できなかった作物が栽培できるようになっていく可能性も大いに高くなります。環境の悪い場所でも、酸素供給を行なうことができれば、栽培できる場所を増やすことにも繋がっていきます。お店で並ぶ作物の種類が増えていくことにも期待できます。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。