運動する人に知ってほしい酸素水の良い飲み方

これまでも酸素水が話題になるたびに、メディアではスポーツをする人やアスリートの愛飲が取り上げられてきました。いわば運動のプロたちが選んでいる酸素水ですが、私たち一般人にも効果的なのでしょうか?通常のミネラルウォーターとはちがう酸素水には、良い飲み方があるのでしょうか?一度に大量の水分を失う「運動」という状況で、良い飲み方とはいったいなんなのでしょうか?酸素水の効果に目を向けながら探っていきましょう!

運動中は脱水状態

運動するときに気を付けたいのが水分補給です。運動することで新陳代謝が一気に高まり、健康にとってはもちろん効果的なのですが、汗で放出される水分をしっかり補わなければ、脱水状態になりかねません。
脱水症状は、体内にある水分と放出される水分のバランスが崩れて、放出する水分量の方が多くなってしまう状態のことを言います。

脱水症状になると、のどの渇きに始まり、体がだるくなって大量の汗が出ます。だんだんと手足が冷えてきたり、ふらつきだします。脱水が進むと、めまい、吐き気などの症状が現れはじめ、幻覚や呼吸困難、精神錯乱状態になります。これは、放出する水分の量がおよそ8%くらい不足してしまった時点で起こりうる症状だといいます。

さらに、10%程度不足した状態では、腎機能不全や血液の減少、失神、筋肉のけいれんなど引き起こされ始めます。20%の水分が失われると、最悪は死に至るケースもあるのです。
毎年夏になると多くのメディアも脱水症状の危険性を特集していますが、運動中はこの脱水状態になっていることを念頭においてかなければなりません。

ところで、私たちは1日にどれだけの水を飲むのがいいのでしょうか?
私たちは通常、1日におよそ2.5ℓの水分を排出していると言われています。では、2.5ℓの水分を飲まなければならないかというと、そんなことはありません。1日3食をしっかり食べている人なら、食事でおよそ1ℓの水分を補給できているとされています。
さらに、体内では脂肪の燃焼などにより0.5ℓの水分がつくられているといいます。つまり、その差し引き1ℓ程度が日常生活で飲まなければいけない水分量ということになります。

では運動をする場合はどうでしょうか?どれだけ発汗するかは運動内容によっても異なりますが、大量の汗で水分とナトリウムが失われることはまちがいありません。日常的に1ℓ以上飲まなければならないのですから、運動する人は意識して補給する水分量をコントロールする必要がありますね。

運動の前後、運動中には、こまめに水分を補給して脱水にならないようにしましょう。できれば酸素水など質の良い水分を補給して、脱水予防を意識することが望ましいですね。

運動するなら酸素水

体の健康を保つには水分を摂ることが大切だということは、もう多くの人が知っています。大型スーパーにはたくさんのミネラルウォーターが種類豊富に取り揃えられていますし、家庭用にウォーターサーバーをレンタルする人もとても増えています。でも、硬水、軟水、採水地くらいならちょっとは気にしているけれど、水の成分や飲むシチュエーションまで考えて購入しているという人はそんなに多くはないのではないでしょうか?

では、運動するときにはどんな水を選ぶのがよいのでしょうか?水分補給の観点からいえば、ただの水道水やミネラルウォーターでも全く問題ありません。でも、どうせ飲むならもっと健康になれる、もっと体に良い水がいいに決まっていますよね。

まずは酸素水の効能についてですが、酸素水には、体全体の免疫力を高めるほかに、血流を良くする力があります。酸素水の飲むことで、体内の水分量と酸素濃度が上昇し、サラサラの血液がきれいに流れるようになり、体内のめぐりをスムーズにしてくれるのです。
酸素水は、一般的なミネラルウォーターよりも多くの酸素を摂り入れて体内の循環を良くしてくれますから、運動の際に試して効果を実感したいものです。

運動中は大量の汗をかいて水分を放出しています。すると血液は濃くなり、血流がドロドロの状態にる危険性があります。ドロドロの血が多くの障害を生むことは想像するに難しくありませんよね。
運動して脱水状態になった体は、いわば乾燥した大地のようなもの。渇いた状態で口にする水分は、その栄養も一気に吸収してくれます。酸素水を飲むことによって、高濃度の酸素を合わせて吸収し、さらに新陳代謝を高めていけそうです。
このような効果が期待できるので、運動する人には、酸素水を手に取ってもらいたいものです。

酸素水の補給で運動後の体をケア

激しい運動をするアスリートは、運動後の体のケアを特に大切にしてると言います。運動前は準備運動などをきちんと行う人は多いのですが、運動後のアフターケアはないがしろにされがちではないでしょうか?運動後の体の状態はどうなっているのでしょうか?

運動すると、エネルギーの源となる糖質が消費されるのと同時に、発汗によって大量の水分を放出してしまいます。この失われた水分を補給しないとどうなるのでしょうか?
運動をして、体内から多量の水分が失われてしまい脱水症状に陥るリスクが高まります。脱水症状になると、単にのどが渇くだけでなく、めまいやふらつき、頭痛や悪寒などを引き起こし始めます。
脱水症状は、軽度なら口の中の渇きやめまいなどの症状が現れ、悪化すると頭痛や悪心などを感じます。さらに重症化すると、意識障害やけいれんなどを引き起こし、命に関わる場合もあるのです。

そうでなくても、活発になった代謝によって急激に上昇した体温を低下させることができず、体に熱がこもってしまいます。体温調節がうまく機能しなくなってしまい、危険な状態に陥ることもあります。
さらに、水分不足により、血液がきれいに流れずドロドロになって、酸素や栄養素が運ばれにくくなってしまいます。
運動中にこまめに水分をとり、運動後の脱水状態をなるべく避けられるようにしておきたいものです。

では、運動後に酸素水を補給すると、私たちの体にはどんなメリットがあるのでしょうか?
急激に汗をあかいたあとは、体が水分を求めていますから、いつもより吸収率が高まっているといって良い状態です。
運動後の少なくとも15分以内に、まずはコップ1~2杯の水分を摂ることが推奨されています。大量の汗で放出されてしまった水分を取り戻さなければなりません。因みにこの時、運動中失ったエネルギーを補給する意味で糖質も摂取できれば、より好ましいとされています。

体にプラスの効果をもたらせる酸素水ですが、一度に過剰に摂取しすぎないように注意が必要です。酸素は摂りすぎると、逆効果になる可能性もあるからです。一気飲みをしないように気をつけ、運動後の疲れ切った体にたっぷりの栄養を入れてあげたいものですね。

まとめ

運動後の体には、酸素水で水分補給をすると一層の効果が期待できると言われ、多くのアスリートが摂り入れているという話を耳にします。運動後は大量の発汗によって、体の水分が失われる脱水状態です。失った水分をどんな水で補うのか、選ぶことができるようになりました。
酸素水は、水分不足でドロドロになった血液の流れをスムーズにし、疲労回復の効果も期待できます。
運動後のアフターケアを重視するアスリートに選ばれている酸素水。疲れ切った体に補給すれば、きっと効果を実感できるはずです。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。