酸欠と酸素水の関係

病気になっているわけではないのになんとなく体がだるい、集中できない、お肌が荒れている気がするのは、あなたの体が酸素不足になっているからかもしれません。日常生活を見直してみると、酸素不足になる原因がいくつかあるようです。ここでは酸素不足を招いてしまう生活習慣をご紹介します。酸素水を取り入れた簡単なリフレッシュ法と慢性的な酸欠を防ぐために私たちにできることを探り、酸欠と酸素水の関係を見ていきたいと思います。

酸欠なると体はどうなる?

私たちは呼吸をすることで、肺から酸素が血液に取り込まれ、血液中の酸素濃度は常に一定の数値を保っています。大気中の酸素濃度は平均21パーセントです。酸素濃度が18パーセントを切ると頭痛や吐き気などを起こします。酸素濃度の低い環境にいると集中力の低下で頭がボーッとするのはこのためです。酸素は動脈血中のヘモグロビンと結びついています。酸欠になるということは、酸素を運ぶヘモグロビンも不足しているので血液が薄い状態。慢性的な酸欠で血流が低下しお肌のターンオーバーが乱れると、かさつき、シミ、しわ、たるみなどの原因につなかるのです。軽度の酸素不足には酸素水で適度に酸素を補う方法がおすすめ。気密性の高い場所では日常的に軽度の酸素不足の原因になることもあります。こまめなお部屋の換気や深呼吸、酸素水などで足りない酸素を補いましょう。

酸素不足になりがちになる生活とは

日常生活の中で、酸素不足になるのはどんな時?大気中の酸素も昔と比べれば、酸素の濃度が下がっているのだそうです。今は誰もが日常生活の中でストレスを抱えている時代、ストレスを強く感じると無意識のうちに呼吸が浅くなり、本人が気づかないうちに酸素不足になるということです。運動不足に加えて、パソコンやスマホに向かう時間が長ければ自然に姿勢が悪くなります。姿勢が悪いと前かがみになり呼吸をしても肺に充分な酸素が送り込まれず、酸素不足になってしまうのです。女性に多い貧血も、酸素を運ぶヘモグロビンの数が減少していて酸欠になっています。このように酸素不足になる環境は身近なところにあります。仕事中や外出先で手軽に酸素を体に入れる方法として、深呼吸や酸素水が挙げられます。適度な運動や深呼吸、酸素水などを意識して生活の中に取り入れるのが、慢性的な酸欠を防ぐ手段の一つなのです。

酸素を取り入れるためには酸素水を飲むのも一つの選択肢

日ごろから酸欠を防ぐためにできることは何でしょうか。どんな方法であれ、意識して酸素を取り入れることだと思います。お部屋であれば、こまめな換気。オフィスのような窓の開け閉めが難しいような場所では、気分転換を兼ねて外で深呼吸をする、デスクワーク中心の人は体を伸ばすことで肺に酸素を送り込む。体を動かす時間がない、動かすことが難しい人は、酸素水を飲むなど適度に酸素を補いましょう。慢性的な酸欠が続くと、体がだるいというような症状だけでなく、気分も沈みがちになります。ストレス社会の中で酸欠だけが体調不良の原因とは言えませんが、お肌の調子の悪さや体のだるさといった症状が出る一因として酸素不足が挙げられているのは確かなようです。酸素を取り入れる方法はここに書いた以外にもあります。どこでも酸素を簡単に取り込めるものとして酸素水は支持されているのです。

まとめ

人が多く、部屋の中に窓がない密閉された空間にいると、息苦しく感じることがあると思います。私たちは常に体内へ酸素を取り込んでいて、大気中の酸素濃度が18パーセントを切ると頭痛や吐き気など酸欠の状態になります。慢性的な酸欠状態が続くと体に酸素が行き渡らないのでお肌のターンオーバーを乱しお肌の荒れ、体調不良につながってしまいます。ストレスを溜めることやパソコン、スマホに集中し姿勢が悪くなるのも呼吸が浅くなり酸欠になりやすい原因の一つです。酸素不足を補うためには、お部屋の換気や深呼吸も有効ですが、酸素水なら酸素と同時に水分もチャージできます。酸素水をこまめに飲むことで効率的に酸素を取り入れることができるのです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。