酸素水入りの化粧水とは?

人は年齢を重ねると体内の水分量や酸素が不足していきます。不足している水分や酸素を意識的に取り入れるものの一つとして、酸素水があります。酸素水どのような力を秘めており、精製水との違いはどこにあるのでしょう?また、どうやってつくられているのでしょうか。AJP酸素化粧水の原材料は純化した水と酸素ですが、水と酸素の含ませ方に秘密があります。お肌にやさしい水とたっぷりの酸素が入っているAJP酸素化粧水の特長について触れてみたいと思います。

精製水と何が違う?

薬局などで購入ができる「精製水」。精製水は、殺菌能力のないピュアな水です。フィルターで濾過したものをイオン交換や紫外線、高温の殺菌工程を経て作られた水、それが精製水です。では、酸素水と精製水ではどう違うのでしょうか。精製水には不純物がないことから、そのままスチームに使用したり化粧水のベースにしたりするといった形で使われます。精製水を飲料用にという話を聞きますが、ミネラル分などが取り除かれているなどの理由から、水の本来のおいしさはないようです。酸素水は作る会社によって酸素を溶かし込む基準があり、酸素量は様々です。酸素水をつくる方法として、高圧をかけ浸透圧を利用したもの、水を高速で攪拌させてそこに酸素を送り込むもの、マイクロバブルと言われる小さな気泡で水の中に酸素を溶かすものがあります。酸素水は水に酸素を充填する濃度を調整することで、美容だけでなく医療など幅広い分野で注目されています。

酸素化粧水の使い方

本来化粧品には、お肌に良いとされる成分がたくさん溶け込んでいるものですが、酸素化粧水についてはシンプルに水と酸素が材料。一般的に市販されている商品の成分がお肌に合わず、悩んでいた敏感肌の方には朗報ではないでしょうか。お風呂上がりのボディケアローションとして顔だけでなく体にもスプレーできます。冬場の髪のパサつきやヘアスタイリング剤の代わりに使うことで寝癖などが落ち着かせることもできるなど、アイデア次第で活用の幅も広がります。化粧する前の導入化粧水としてはもちろん、夏場は火照った肌をクールダウンさせるときに体にスプレーする使い方もあります。酸素水には他の化粧水とは違って強力な成分は入っていません。逆に言うとお肌の負担になる成分が全く入っていないので酸素水はお肌に水分や酸素がダイレクトに届くということなのです。

AJP酸素化粧水

AJP酸素化粧水のキーワードは、浸透力が高い水、酸素濃度、新陳代謝の活発化です。一般に販売されている酸素水は、高圧をかけて酸素を水に溶解させているものの時間の経過とともに残る量としては微々たるものが多いようです。なぜ酸素の濃度に違いが出るのかというと、使われている水が浸透しやすい「柔らかい水」だからです。水を純化しさらに微細化することで、酸素が水に入りやすくなり、その結果お肌に対する浸透圧を高めているのです。微細化した水に特許申請中の技術を用いて、酸素をたっぷりと含ませています。それが酸素水、AJP酸素化粧水なのです。浸透圧を高めているためお肌へスッとなじみ、さらに酸素を毛細血管へ届けて血行を良くします。使い続けることで新陳代謝を活発にして肌のサイクルを整え、生き生きとしたお肌に生まれ変わるのです。

まとめ

酸素と水、どちらも人が生きていくには欠かせません。酸素を血液中に取り込むことで血流を良くし、活力を与えます。酸素水は精製水とは違い、濾過した水に酸素を含ませ、高濃度にした水です。酸素水は飲料用として多く販売されていますが、酸素濃度は微々たるものなのです。酸素化粧水は、水と酸素でできているため余分な成分が入っておらず、お肌への負担も軽く敏感肌の方にもオススメです。お風呂上がりのボディケアとして、化粧前の導入化粧水、乾燥が気になるときや髪のパサつきにスプレーするなどの使い方ができます。AJP酸素化粧水は、微細化した水に酸素をたっぷり含ませた化粧水で、お肌へのなじみが良く、新陳代謝を活発化させてお肌を健やかに保ちます。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。