酸素水を閉じ込めた酸素カプセルの効果とは?

飲料水に酸素を溶かして摂取する酸素水が流行になりましたが、実はより効率的に酸素を摂取したいと考える方から支持されているのがカプセルタイプです。 より高濃度のものが摂取出来るので、水を習慣的に飲まない方や短時間で体内に取り入れたいと考える方から注目を浴びています。この製品の特徴はもちろんの事、おすすめの理由や効果についても公開していますので今摂取している製品だと物足りないと感じている方は必見の情報です。

 

疲労回復や腰痛にも効果あり?

カプセルについて説明する前に、役割について説明していきます。体内に取り込まれた後は食道を通り肺に達し、そこからヘモグロビンを通じて全身に運ばれます。

全身に運ばれた酸素はブドウ糖を含むエネルギー源になり、人体の生命維持に使われます。これが不足してしまうと身体の至る部分に不調をきたしてしまいます。

現代病でもある腰痛や肩こり、更には慢性的な疲労感はうまくエネルギー変換出来ず、身体が酸素不足になっている可能性もあります。 肌に直接浸透させる事で毛細血管までしみ込んで刺激を与えます。

その刺激が代謝を促すトリガーになって、シワやたるみ、ニキビなどの肌トラブルにアプローチします。現にこの効果を期待した化粧水も販売されていますし、自宅で作る事も出来ます。この場合は自分の肌に合わせてカスタマイズ出来るのも強みです。

 

リラックス効果

ストレスは万病の元とも言われていて、現代人の多くが抱えている問題です。ストレスの源は仕事や家庭、人間関係など様々で、その根本を完全に取っ払ってしまうのは無理なケースがほとんどです。人間はストレスを感じると交感神経が活発になり軽い興奮状態になります。

これを長時間続けていると身体は疲弊し、正常な判断が出来なくなってしまいます。交感神経が活発になると瞳孔が開き、脈拍が早くなります。末梢血管が収縮するので冷えに繋がり血圧が上昇します。

これに高い効果があるといわれている酸素は、十分に身体に取り込む事で副交感神経が優位になりリラックス効果をもたらせます。リラックスすると瞳孔は正常な大きさになり、脈拍も落ち着きます。末梢血管が拡張されるので身体が温まりやすくなり、血圧が低下して肝臓がグリコーゲンを合成するので血糖値が下がります。

 

高濃度の酸素カプセルがおすすめ

酸素水は飲んですぐに効果が出る物ではありません。継続して摂取していく事で少しずつ効果を感じるのですが出来るだけ早く効果を感じたい、または強い効果を感じたい方には高濃度のカプセルタイプがおすすめです。

独自の技術でカプセルにしているので水に混ざったものを摂取するよりも、高い効果を感じやすいです。即効性があるのでスポーツやトレーニング後にも効果的ですし、製品によっては数百mlで酸素カプセルに数時間いるのと同じ効果が期待出来ます。

疲労効果や腰痛の緩和だけでは無く運動のパフォーマンス向上や二日酔いにも効果があるので、日常的に摂取出来ます。

価格はやや上がりますが、高濃度なので少量で効果を感じられるのでコスパが良いのはもちろんですがペットボトルやパウチの様にバッグの中でもかさばらず、携帯にも便利です。

まとめ

様々な飲料水が輩出される中、注目を集めている酸素水は体内に取り込まれる事で、多くの栄養素になります。その栄養素・エネルギーは生命活動に必要なもので、不足してしまうと心身ともに不調をきたします。

慢性的にストレスを感じると酸素不足に陥りやすく、定期的に摂取していく事でストレス緩和にも効果的です。一度に高濃度を摂取する場合は飲料水よりもカプセルの方が効率的です。疲労回復や二日酔い、更にはスポーツ前後にも良い効果があります。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。