高濃度酸素の効果と摂取方法

効率的に酸素を体に取り入れる方法は、高濃度酸素を確実に体へ入れることです。酸素は生きるうえで私たちの体に欠かせないものですが、不足している酸素を補うことで、どのような効果があるのでしょうか。酸素を過剰に摂取することで酸素中毒になる話を聞きますが、それは酸素によって増えすぎた活性酸素によるものだそうです。活性酸素のキーワードは、酸化と老化です。高濃度酸素を適切な量で継続的に摂取できる方法をご紹介します。

高濃度酸素水の効果

市販されている高濃度酸素水の濃度は、作られているメーカーによって違います。水に酸素を溶解する方法が会社独自のものが多く、酸素水として販売されているものを数値としてみても統一感がない印象です。一般に、高濃度酸素水にはどのような効果があるのでしょうか。体が酸欠の状態で症状が出ているときに高濃度酸素水を飲むと、酸素の働きかけで血流の促進、疲労回復を促し徐々に体質の改善が期待されます。短時間で効果を促す酸素カプセルとは違って、体に圧力をかけて血液中に酸素を吸収させるわけではありません。普段から私たちの体は体内にあるものでできています。どういうことかというと、外部から大量に良いものを与えられたからといってすぐにすべてを受け入れるものではないのです。日常生活の中で少しずつ摂取する方法が、私たちの体の細胞の生まれ変わるリズムにも合っているということになります。

酸素中毒は発生する?

酸素を取り込みすぎると、体には毒になってしまうという話を聞いたことはありませんか。人の体は酸素を取り入れる量に限界があります。それを超えて取り入れてしまうと、活性酸素による副作用の恐れがあるので注意が必要です。日ごろ私たちの体の中では、取り込まれた酸素をもとに活性酸素が作られています。本来は体に悪い細菌類を殺菌をしてくれるので体にとって必要なものです。活性酸素が増えすぎると細胞を酸化させてしまいます。細胞の酸化、つまり老化です。酸素分圧が高いほど酸素中毒になりやすく、気圧をギリギリまで上げる治療法もあるようです。高濃度酸素を過剰に摂取すると、ダメージを受けやすいのは肺で呼吸困難や無気肺、肺気腫のように肺の機能を低下させてしまいます。怖いことばかりを並べましたが、普通に生活していて高濃度酸素を過剰に摂取することはスキューバダイビングや医療行為、機器に頼ることがない限り、ほとんどないようです。

高濃度酸素を摂取する方法

一つ目はすでに広く知られている「酸素カプセル」です。専用の機械が必要で、人ひとりが入る大きなものです。家庭用の酸素カプセルを自宅に設置している人も居るようです。カプセルの中の気圧を上げることで、血液中に酸素が入りやすくなります。ケガの治りを促したり疲労回復、血流が良くなることでお肌にも良いとされています。また、卓上の機械を使って高濃度酸素を作り出し、吸入するタイプもあります。酸素発生器、酸素吸引器とも呼ばれ、機械そのものが大きくないので家庭でも気軽に使えます。二つ目は高濃度酸素が溶け込んでいる酸素水を摂取する方法です。大掛かりな機械も不要です。場所を選ばず持ち運びが簡単で、効率的に酸素を体に取り込むことができ、中には酸素水をお茶代わりとして、日常的に摂取する人もいるようです。

まとめ

高濃度酸素の効果には、血流を良くなることで細胞の活性化があります。疲労回復、お肌のトラブル改善など適度な活性酸素は老化を防ぎます。しかし、高濃度酸素を過剰に摂取すると、体にダメージを与えてしまいます。これを酸素中毒と言います。普段の生活の中ではスキューバダイビングや医療行為、機器に頼ることがない限り過剰に高濃度酸素を摂取することはありません。酸素を摂取する方法は、吸引と酸素水によるものがあります。酸素カプセルは大きな機械が必要で、家庭用のカプセルを設置している人もいますが少数派です。酸素水は場所を選ばず、持ち運びも簡単で機械も不要。継続的に摂取をするなら酸素水がお手軽だということになりそうです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。