睡眠時無呼吸症候群の改善に酸素水が効く?

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に無呼吸に陥ってしまう病気を意味します。ただ無呼吸状態になるだけではなく、寝ている間に無呼吸状態になると、起きている身体にも様々な負荷を及ぼす厄介な病気なのです。睡眠時無呼吸症候群が一体どのような病気なのか、どういった危険性があるのかに加え、その予防に酸素水が使える事など説明します。「寝ているのに疲れが取れない…。」そんな人は無呼吸症候群かもしれません。是非ご一読ください。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、その言葉通り睡眠時に無呼吸に陥ってしまう病気を意味します。英語表記で頭文字を取ってSASとも呼ばれます。無呼吸になるメカニズムは、首回に脂肪がついている、または首が短い事によって、空気が通っている上気道の幅が狭くなってしまうという閉塞性睡眠時無呼タイプと、脳の呼吸指令がマヒを起こしてしまう中枢性睡眠時無呼吸タイプの2通りが考えられます。

睡眠時は身体のエネルギー消費を抑えながら休息している状態です。そんな状態の中で無呼吸状態が繰り返されてしまうと、酸素不足を補い心拍数を上げる必要性が生じる為、身体全体に負荷がかかり、十分な睡眠が取れない状態が続きます。起床時には熟睡した感覚がない、すっきりと目覚められない、また日中には集中力の低下や気怠さを覚えているようであれば、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。

睡眠時無呼吸症候群の危険性

睡眠時に無呼吸と呼吸再開が繰り返される為、満足な睡眠が得られない睡眠時無呼吸症候群。その為、日中には倦怠感や集中力の低下が続き、些細な事でも大きなミスを招いてしまうケースもしばしば。そして、この病気で最も恐ろしいのは高血圧や心疾患、脳卒中などといった、多くの合併症を引き起こす点にあります。

一見、無呼吸症候群と高血圧は結びつきにくいものですが、無呼吸と呼吸再開が起こる瞬間に、睡眠中に優位となっている副交感神経が交感神経へと切り替わる際に血圧が急上昇する事が要因だと考えられています。日中のダメージを補う睡眠は健康上必要不可欠な存在です。

その睡眠が遮断される事により多くの合併症が懸念されますが、それらの症状を含め、睡眠時に無呼吸状態が続いている事を本人が自覚しない限り、根本的な治療は出来ません。病気の原因が分かりづらい所が、無呼吸症候群の恐ろしさとも言えます。

酸素水で血中の酸素濃度を補おう

睡眠時無呼吸症候群は医療機関に相談し、適切な治療を受ける事で改善が見込めます。治療法にはマウスピースや鼻呼吸を促す装置の装着から、気道の外科手術まで、幅広い種類が存在しますが、他にも日常的に自身で行える予防法として、肥満を抑える、アルコールの過剰摂取を止める、眠る時は横向きで寝る、などが挙げられ、工夫次第で病気の進行を抑える事も可能です。

肥満を抑えるのは、喉や首回りなどの脂肪が付きやすくなるのを防ぐ為、また、アルコールは筋肉を弛緩させる働きがある為、無呼吸症候群が引き起こされやすくなってしまいます。このように、日常の些細な行動で病気の進行を抑えられますが、他にも酸素不足となってしまいがちな身体への酸素補給方法として、酸素水を活用するのもおすすめです。

まとめ

無呼吸症候群と聞けば男性が発症しやすいというイメージがありますが、女性でも若い人でも、発症するケースはあります。時間をたっぷり取って寝ている筈なのに、何故か毎日怠さを感じる、集中力が続かない、高血圧や生活習慣病に陥りがちという人は、無呼吸症候群を発症していないかを検証してみる必要があるでしょう。

自分ひとりでは検証出来ない為、まずは医療機関に相談し、適切な治療を受けるよう努めましょう。酸素不足に陥りがちな場合は酸素水を試してみるのもいいかもしれません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る