水素水と還元水の違いとは?

食事や飲料水に気を使う方は年々増え、且つネットが普及しているので自分にあった製品やサービスを調べるのが当たり前になりました。特に水は体内の6~7割りを占めているので、より良いものを摂取したいと思うのは当然です。
そこで近年話題になっている水素水ですが、体内にある活性酸素を除去してくれる効果があります。一方じわじわと知名度を上げている還元水にはどの様な効能、仕組みになっているのでしょうか?双方の違いについて触れています。

そもそも還元水とは?

水素水は良質な水に高濃度の水素を含んだ水を指します。この水素の働きによって体内で悪さをする活性酸素を除去し、正常値に戻します。活性酸素は体内をサビさせると言われている物質で、生活習慣病やがん細胞の生成を助長する可能性があります。
還元水は水素を含んでいるだけでは無く、残留塩素を含まないアルカリ性の水です。酸化還元電位がー250mv以下、pH値がアルカリ性、カルシウムやマグネシウムも含まれている事から様々な定義があります。
この事から水素水は単に水素ガスで水素を混入した飲料水に対して、還元水は様々な要素が複雑に絡み合って出来た飲料水です。効能としては電気分解によってミネラルが豊富になっているので、血圧や血糖値の調整を行ったり、神経や筋肉に良い働きをもたらしたりします。カルシウムも含まれているので、骨や歯を丈夫にする働きもあります。

水素水と還元水の違い

どちらも飲料水ですが、大きな違いはあるのでしょうか?簡単に言えば水素水は水素を含んだだけの飲料水に比べて、還元水は水を電気分解させる事で水質を変化させて生成しています。電気分解を行う事で表面張力が低く、浸透力、溶解力に優れ、より高濃度の水素が混入されています。
ちなみにマイナス電極になっているので、通常の水素水よりも酸化効果もあったり、カルシウムやマグネシウムイオンが通常の飲料水よりも多く含まれていたりします。もちろん電気分解しているのでアルカリ性の水となりますし、還元水からプラス電極で分解された酸化水も存在します。
どちらも同じジャンルの仲間ではありますが、より手を加えて多くの効果が期待出来るのが還元水です。但し後者の方が研究や手間が発生している為、価格帯も上ですので、水素を摂取する事に特化するのなら前者でも十分な効果が期待出来ます。

水素水、還元水どっちがいい?

自分の好みやライフスタイルによって違いますが、一般的には水素水よりも還元水の方が多くのメリットがあると考えられています。まず活性酸素を除去すると言う意味では同じですが、除去した後にカルシウムやマグネシウムイオンが浸透します。それによって胃もたれや胃の不快感などにも効果があるので、胃腸の弱い高齢者にも支持されています。
また自宅に設置型改善水サーバーだと、より水素が逃げにくくなっているタイプもあるので短期間で効果を感じやすくなります。反対に設置する費用が従来の水素水よりも高額である事、還元水を扱っている企業がまだ多くない事がデメリットになります。
どちらにしても、メリット・デメリットがあるので直感で決めるのでは無く無料キャンペーンやお試しとして双方を試し自分に合っているものを見極めるのが長く飲み続けるコツです。

まとめ

より健康で快適な暮らしをサポートする水素水ですが、それよりもより健康効果の出やすい還元水も存在します。水を電気分解させる事で水質を変化させ、水素だけでは無くカルシウムやマグネシウムが多く配合される様になりました。
その結果胃もたれや胃腸の不快感にも効果があり、家族全員で飲みやすい水になっています。但し、還元水は水素水に比べると取り扱っている企業が少なかったり、場合によってはコストがかさんでしまったりするケースもあります。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。