水素水の効果的な飲み方ってあるの?

食べ物、飲み物は血肉となり身体を巡っているので、出来る限り質の良いものを摂取したい。そう考えて食材の産地や調理方法にこだわる方は多くいますが、水にも着目してみませんか?
ミネラルウォーターも良いですが、より健康や美容を促進させたいと思うなら水素水がおすすめです。好きな時に飲んでも効果はありますが、より効果的な飲み方を知る事で身体に効率よく水素を取り込めます。せっかくなので飲む量や時間帯にこだわってみて下さい。

水素水とは?(概要程度)

水素と言うのは自然界に存在する物質で、酸素を結びつく事で水になります。元素の中では一番小さなもので、地球だけでは無く宇宙全体を通しても一番数の多い元素です。水素水として親しまれているだけでは無く、肥料の製造や半導体の加工、石油化学事業などにも使われていて私達の生活に必要不可欠なものです。
水素を含んだ水、水素水が体内に入ると活性酸素と結びつき水へ変化します。活性酸素と言うのは元々体内で生成されている成分ですが、量が増えすぎると細胞を攻撃し身体を劣化させる原因になります。その活性酸素を無害に水に変えてしまう為、水素水は健康や美容に良いと言われています。
他にも元素が小さいので体内への吸収も早く老廃物の除去にも役立ちます。水に変わるのでカロリーゼロですし、ダイエットにも強い味方として注目を浴びています。

水素水の飲む量はどのくらい?

普段飲んでいるお茶や水を水素水に変える事で、効率的に身体に水素を取り込む事が出来ますが身体にどのくらいの水素を取り込むと効果があるのでしょうか?
体質や体型によって生成される活性酸素の量が違うので、おおよそになりますが1日に最低でも200ml以上は摂取すると効果が出やすくなります。身体の大きな方や効果を早く感じたいと言う場合は600mlを目安にして下さい。ちなみに一度に大量に飲んでも意味が無く、喉が渇く前に少しずつ摂取していくのが効果的な飲み方です。
また身体に効率的に吸収させるには常温で飲むのがベストですが、常温の飲み物を摂取するのが習慣的で無い場合は無理しても続かなくなりますので、自分の好きな温度で飲んでも構いません。但し水素は沸騰させると逃げてしまうので、ホットでは無く40度前後のぬるま湯が良いです。

水素水の飲む時間帯は?

自分の好きなタイミングで水素水を摂取するのが長く続けるコツですが、効果的な飲み方としては起床時が一番です。人は寝ている時にコップ一杯の汗をかくと言われていて、起床時は身体が乾いている状態です。
そこに新鮮な水素を含んだ水素水と取り入れれば、より吸収されやすくなります。他にも身体が水分を欲しがる運動後、入浴後もおすすめです。活性酸素を除去するので、運動後の疲労回復が早まると言うデータもあります。
常飲している方の多くは好きなタイミングで飲みつつも、自分の決めたスケジュールに従って規則正しく飲む方が効果は出やすいと言う意見もあるので、まず自分のライフスタイルを見直しながら上手に取り入れていく事で継続して摂取出来ます。反対に就寝前や食後などは身体が水分を欲していないので、あまり効果が期待出来ない場合もあります。

まとめ

元素の小さな水素をたっぷりと含んだ水素水は、体内で生成される活性酸素に結び付いて水に変えてくれます。これによって身体の老化・劣化を防ぎイキイキとした状態にしてくれます。
一度に大量に飲むよりも1日200~600mlを少しずつ飲むのが効果的な飲み方で、就寝前よりも起床時や運動後など身体が水分を欲している時に摂取して下さい。好きな時間帯やタイミングでも良いですが、毎日決まったタイムスケジュールで摂取すると長続きしますし効果が現れやすいです。

TOPへ戻る

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。