活性酸素と水素水の関係

私達の身体にはたくさんの物質や成分があり、自分自身でも意外とどんなものが生成されている分からないものです。水素水は身体を劣化・老化させないと言われていますが、身体の中では何が起きているのでしょうか。
いくつかの理由がありますが、ここでは活性酸素との関係にスポットを当てて説明しています。この物質は元々、私達の身体で生成されている成分ですが、ある事をきっかけに身体に悪さをします。それを除去してくれるのが水素の働きです。

活性酸素とは?

水素水との関係性の前に、まず活性酸素について説明します。空気中にある酸素は呼吸をするのに必要であり、体内に入ると活性酸素に変わります。体内に常駐しウィルスや細菌など外部から入ってきたものに結びつき酸化させ、身体を守っています。
しかしこの成分があまりにも増えてしまうと、次第に自分の身体や細胞に結び付き、酸化させます。この成分が結び付いた物質は酸化(サビ)してしまうので、身体に不調が出やすくなってしまいます。ある研究によると生活習慣病のほとんどに活性酸素が関係していると言われ、正常値よりも増えてしまう事は危険と定められています。
ちなみにこの成分は激しい運動やストレス・細菌やウィルスが入ってきた時以外にも紫外線や喫煙、過度な飲酒といった様々な事で増えて行きます。特に飲食物にはデリケートに反応するので気を付けたいものです。

悪玉活性酸素

体内に活性酸素が増え続け、悪さをするようになると悪玉活性酸素と呼ばれる物質になります。ストレスや紫外線、食生活や生活習慣で増えてしまうと説明しましたが、増え続けるとどんな症状が現れるのでしょうか。
肝機能の低下によりやる気がなくなる、疲れやすくなるケースやシミ・そばかすなどの肌トラブルはもちろんの事、血管のつまりが生じる事もあります。これが更に進行すると動脈硬化や心筋梗塞といった命の危険に繋がります。あるデータによるとがん細胞を増やす可能性もあると危惧されています。がん細胞は本来、私達の中で働く細胞の一部でした。
細胞は状況に応じて増えたり減ったりするのですが、しかし何らかの理由でバグが起き命令を無視して増え続けます。それが悪性の主要になったのががん細胞です。水素水は体内にある細胞を正常な働きにしてくれます。

水素水で悪玉活性酸素を撃退!

増え続けた活性酸素の元に水素水を送ったところ、水素が活性酸素に結び付いて無害な水にしてしまいます。学生の頃に習った様に水素の元素記号はH、一方酸素はO、化学式で表すとO2になります。両方が結び付く事でH2Oすなわち水に変化します。
変化した水はそのまま体外に排出されてしまいます。この効果によっては増え過ぎてしまった活性酸素は除去され、正常値に戻る事で身体や細胞を攻撃する事無く正常な働きを見せてくれます。不調を起こしている理由を根本的に除去するので健康を促進出来ます。
ちなみに胃腸は第二の脳とも言われ、腸内環境を整える事でメンタルにも良い効果が期待出来ます。水素水は腸内フローラを整える効果も期待出来るので、継続的に摂取するだけで心身ともに健康に近付けます。最近調子が悪い、元気が無いと言う方にもおすすめです。

まとめ

体内で生成されたり、呼吸によって取り入れられたりする活性酸素は、本来外部から侵入してくるウィルスや細菌から、体内を守ってくれる心強い味方です。
しかし数が増える事で身体や細胞を攻撃し、悪玉活性酸素として悪さをしてしまいます。そこに水素といれる事で無害な水に変換し体外に輩出してくれるのが、水素水の効果です。活性酸素は生活習慣病やがん細胞を作ってしまう原因にもなるので、予防を兼ねて対策をするのがベストです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。