犬に酸素水を飲ませても大丈夫?

愛犬健康管理は飼い主にとって大切なことです。ペットフードやおやつをたくさんある種類の中から、その日の体調や年齢を考えて選んでいると思います。しかし、水は?水道水そのまま?浄水の水?もしくはミネラルウォーター?酸素水や水素水?犬にとっては毒になる水もありますので、負担にならない水は何なのか、特に話題になっている酸素水や水素水はどうなのかも考えてみましょう。

ミネラルゼロの酸素水なら犬も安心して飲める

酸素水の前にミネラルウォーターを犬に与えることについてですが、これはペット全般に言えることなのですが、よくありません。ペットによくある泌尿器系の病気はマグネシウムなどが原因でなる病気です。硬度が高い水ほどペットにとって発病の危険性が高くなります。なので、酸素水に関しても同じで、ミネラルが多い酸素水を与えることはしないほうが良いです。

ただ、ミネラル除去の酸素水も販売されていますので、そちらでしたら犬と一緒に楽しむことができます。このような、ミネラル除去の酸素水ですが、逆浸透膜を用いてろ過され、紫外線殺菌を行った綺麗な水なので、そういった意味でも安心です。実際に病気持ちの犬に与えている人や健康維持のために与えている買主もいるようです。

水道水はそのまま与えてはダメ

水道水をそのまま与えているという人も多いかもしれません。水道水をそのままのんでも人間は特に害がないとされていますが、水道水にはトリハロメタンや塩素が残ってますし、水道管などからの溶解性鉛が溶け込んでいる可能性もあります。そういったことから蛇口に浄水器を設置している家庭も多いですよね。

体が人よりも小さい犬に、蛇口から直接の水を与えることはこのような有害物質が残っているので、後々の影響を考えるとあまり推奨されていません。また、浄水器を通した水も、浄水器の機種によっては犬の体に負担がかかる水の場合があります。浄水器の性能は各メーカーごとに説明されているので、それを参考に選ぶとよいです。有害物質だけでなく、ミネラルもほとんどろ過してしまう浄水器も販売されています。

水素水も場合によっては死に至る

水素水は与えても大丈夫な水の1つです。水素水が犬の健康や病気にどこまで効果的かはまだ研究途中ですが、アレルギーやアトピー、皮膚炎には効果があったという報告がでています。

また、食欲が増した、前よりも元気に過ごせるようになったという効果も確認されています。そもそも水素水は活性水素を溶かし込んだ水で、最近では体の老化や病気の原因にもなっている活性酸素を中和する働きがあります。健康面や美容面で注目を浴びているもので、犬の健康を考えて与えている飼い主もいます。

しかし、与える時に注意したいことはあります。それは水素水に含まれるミネラルのうち、リンとカリウムです。腎臓が悪い犬が飲むと悪影響を及ぼすこともあり、最悪の場合死に至ることもあります。ペット専用の水素水が販売されているので、そっちを与えるようにしましょう。

まとめ

ペットの健康維持には水選びも重要です。水道水は避け、浄水器も性能をしっかりと確認する必要があります。健康や美容面で注目されている酸素水や水素水ですが、基本的には犬に与えても問題はありません。しかし、含まれるミネラルに注意し、できればペット用に販売されている、ミネラルが除去されたものを与えるようにしましょう。

まだ実験でしっかりと確認されてはいませんが、効果はあったという報告がありますので、ペットの健康が気になる方は積極的に酸素水や水素水を取り入れてみてはいかがでしょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。