水ダイエットを成功させるための秘訣

世の中には様々なダイエット方法が紹介されていますが、手軽に行えるダイエット方法を見つけることは困難だと思います。インターネットが普及してから正確な情報がわかり辛くなったからです。しかし、一つだけ言えることは、体に負担のかかるダイエット方法は避けるべきです。水ダイエットは手軽に行えるだけではなく、体の負担が少ないのです。さらに、美容にも効果があるとされているため、特に女性には良い方法ではないでしょうか。

軟水よりも硬水を選ぶ

硬水を選ぶ理由はダイエット時に不足がちなミネラル成分を補う他に、マグネシウムやカルシウムを摂取できるからです。これらの成分が軟水よりも多く含まれているのです。マグネシウムは便秘の解消に、カルシウムは脂肪の吸収を抑制する効果があります。食事を制限している場合はミネラルが不足しているので、代謝が悪くなり効率が落ちてしまうのです。代謝を良くするためにミネラル成分は大切です。

マグネシウムは下剤にも含まれている成分で、腸内の水分を増やしますから便秘の解消になります。カルシウムは摂取することで、過度な食事制限を行わなくてもよくなるかもしれません。味に関しては独特なので好みがありますが、継続していれば慣れるようです。下痢になることがあるので、硬度は徐々に上げるようにしましょう。

どのくらい飲めばよい?

一日で摂取する水の量は2リットルほどです。スポーツをしている人なら簡単に到達できる量だと思います。普段運動をしない人であれば飲む事を意識して習慣付けるとよいでしょう。水分は人間の体のほとんどを占めているので、摂取することで太ると思う人も多いようですが、実は代謝が良くなり太りづらくなるのです。ダイエットの基本は代謝を上げること、つまり老廃物や排泄物を体外へ出すことです。

老廃物や排泄物を流すので体重が減ることになります。断食をしているのであれば排泄の必要がないのかもしれませんが、体の負担が大きすぎるので断食はお勧めできません。健康的にダイエットするためには、普通に食事することが大切です。注意したいところは、ビールやお茶、コーヒーなどで2リットル飲むには、成分が体の負担になるので水で行うようにしましょう。

水を飲むタイミングと最適な温度

水は常温で朝に、それ以外はこまめに飲みましょう。朝は温かめでもよいです。朝飲むことで代謝が良くなり体が温まるので、目覚めと腸の働きが良くなり、便秘の解消にもなります。胸焼けも軽減させられますので、朝に飲むことは効果的です。冷たいほうが良いという説もありますが、胃や腸に負担がかかるので常温が良いといわれています。

飲むタイミングは喉が渇いてからというスタイルではなく、定期的にコップ一杯程度飲むように習慣付けると良いでしょう。一気に飲むと吸収しきれないので、こまめに補給することが重要です。補給しているのに脱水症になる人は、一気飲みしているために吸収されていないことが多いからだといわれています。多い量を飲んでいると、継続させることも辛くなってきますので、一日の中で2リットルを目指すとよいのではないでしょうか。

まとめ

水は人間の機能を果たすのに大きな役割を担っており、欠かせないものです。成分を選んで飲めば、さらに効果を発揮します。人間の代謝が活発に行われる時間帯は朝ですので、積極的に取り組みたいところです。ダイエットの方法はたくさんありますが、この方法は手軽に行えて、コストもあまりかかりません。断食をするよりは健康的で負担も少ないと思います。リスクが少ないので、初めて行うダイエットには良い方法ではないでしょうか。

この記事をシェアする
TOPへ戻る