水素水宅配派?携帯派?

毎日新鮮な水素水を飲みたいと言う方、スポーツをした後や気分転換・リフレッシュを兼ねて摂取したいと言う方、ライフスタイルによって水素水の飲み方は様々です。宅配型は無くなればすぐに持ってきてくれるが、設置工事を含めた初期費用が発生します。
また携帯型はいつでも気軽に摂取出来る反面、配達型と比べるとコストが割高になってしまう可能性があります。双方の情報を知る事で、自分に合ったタイプを選択出来ますので参考にしてみて下さい。

水素水を宅配した場合のメリット・デメリット

家族全員で水素水を飲む習慣がある、または飲料水以外でも活用したいと言う場合は宅配型に多くメリットがあります。ちなみに化粧水やお風呂で使う水として使用する事で肌トラブルが改善するとも言われていて、女性を中心に手作り化粧水のレシピが流行しています。
また小さなお子さんから高齢者まで安心して飲めるので、とにかく大量に摂取すると言う場合は配達・宅配がベストです。もちろん出来たてで水素をたっぷり含んだ状態で飲めるので、水素が抜けてしまったものよりも早く効果が出ます。
しかし宅配型だと設置の際に工事費などの初期費用が発生しますので、初期コストをカットしたい方にはデメリットとなります。但しキャンペーンで初期費用が無料になるケースもあるので、自分で調べてみるのも良いです。また携帯型の様に、出先で飲む事が出来ないのがネックです。

水素水を携帯した場合のメリット・デメリット

単身者や水素水を摂取するのが自分しかいない場合、サーバーを購入しても減るのが遅く、その間に水素が完全に抜けてしまう事もあります。近年では水を入れる時に水素を発生させるタイプもありますが、長期間動きの無い水を置いておくのは衛生的にも良くありません。
この場合は携帯型で、気軽に摂取するのがおすすめです。携帯型はバッグに入れてどこでも気軽に飲めるのが最大のメリットで、アルミパウチや特殊な製法を使って水素を閉じ込めているので、コップに入れて飲むよりも水素が長持ちします。
運動後や仕事の合間など、自分のペースで摂取したい方にぴったりですが、その反面配合されている水素が宅配型よりもやや低くなる可能性があります。保存しておく場合も場所を取りますし、ゴミに出す時にも不便です。初期費用はありませんが、ランニングコストとして算出した場合、配達型よりも高くなるケースがほとんどです。

やっぱり携帯できるほうが便利?オーツーサプリは携帯できる。

配達型、携帯型どちらもメリット・デメリットがありますが、これらの良い所だけを取った新しい水素水があります。オーツーサプリと言って、見た目は小さなスプレーボトルに入った水素水です。
この製品はペットボトルやパウチよりも小さく、手のひらに入るサイズなので場所を取りません。しかも高濃度の酸素が入っているので従来だと1日に200~600ml程摂取しなければなりませんでしたが、オーツ―サプリだと1日に2~5プッシュで同等の効果を感じられます。
特殊な製法で水素を閉じ込めているので、時間が経過しても水素が逃げる事は無く賞味期限は約1年とコストパフォーマンスにも優れています。1本当たり数千円と価格だけを見ると高額ですが、ランニングコストとして考えると安上がりですし何より厳しい審査をクリアしてきた製品なので安心です。宅配・携帯どちらでも無いオーツ―サプリは多くのメリットがあります。

まとめ

健康や美容の為に水素水を飲む方は年々増えていますが、本格的に摂取しようと思った時に迷うのが宅配型・携帯型どちらにするかです。
宅配・配達型は自宅で気軽に摂取出来る反面、初期費用が発生したり場所を取ったりするのがネックです。携帯型はいつでも摂取出来ますがランニングコストが高くなったり、摂取出来る水素が少なくなってしまったりします。
オーツーサプリならコスパが良く、高濃度の酸素をいつでも摂取出来るのが魅力的です。賞味期限も長く、水素が逃げてしまう事もありません。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。