水素水って美容に良いの?

水素水の選び方のポイントはどこなのか調べた結果、三つの点に注目すれば良い選択ができることに気が付きました。活性酸素が、体に悪影響を及ぼしていることは、よく知られています。
その活性酸素を取り除く力が高いものを選ぶ基準を知ることと、自分が利用しやすい形かどうかが、選び方のポイントになります。それが、水素水の濃度、抗酸化作用の高さ、そして形状の三つです。

水素水がもたらす美肌効果

まず、水素の濃度に注目します。それは、溶け込んでいる水素の濃度によって、水素水の価格が変わってくるからです。また、水素の濃度が高ければ高いほど良いかというと、そうでもないことがわかります。
というのは、体に取り込むときの水素濃度の適正値は、0.6ppmから1.6ppmです。上限値の1.6ppmというのは、水素が常温で普通の気圧の状態で水に溶け込んでいられる最大の量、つまり飽和状態だということです。
では、それ以上に入っているものはどうなのかというと、未開封の状態であれば記載されている量の水素が入っています。けれど、キャップを開けると同時に一気に水素は空気中に逃げて行き、1.6ppmに減ってしまうということです。
また、濃度の記載がないものは、いくら安くても信用できませんから、選ばない方が賢明です。

なぜ水素水が肌に良いの?

体内の活性酸素の量が多いと、老化現象を早めて、お肌に影響を与えたり、血管系の病気を引き起こす原因になったりすることは、よく知られているところです。この活性酸素を体の中から排出し、取り除く力が抗酸化作用です。
この抗酸化作用が高い水素水を選べば、活性酸素を早く体内から排出することができます。この抗酸化作用のことを酸化還元電位数というもので表します。この数値が低いほど、抗酸化作用が高くなります。
少し頭の中がこんがらがってしまいそうですが、抗酸化作用が高いかどうかを判断する基準が、酸化還元電位数の値がどれだけ低いかということです。酸化還元電位数が低い良質の水を選んで摂取することが、活性酸素を早く効率よく体内から追い出せるということになります。このことも判断の基準としては、重要になります。

水素水美人になろう!

水素水も前のページで説明したとおり、様々な形状があります。サーバー型は、家族で大量に使用する人向け、ペットボトル・アルミ缶タイプについては価格も手ごろで、サーバーを置けない人や単身者向けと説明しましたが、その他の形状もまだあります。
アルミ素材のパウチパック型。価格も比較的手ごろで、お試ししてみたい人に最適です。スティック型は、水素発生物質を含んだスティックを専用の容器などに水と入れて水素を発生させて作るタイプです。
スティックは、1回限りのものから、半年から9か月使用できるものまであり、価格も様々です。その他にサプリメント型の錠剤になったものもあります。このタイプは、錠剤ですから手軽に摂取できますが、価格が非常に高いのが難点です。
ご自分が利用しやすい、価格に納得がいくものを選択するのがベストです。

まとめ

水素水の選び方のポイントを理解すると、選択しやすくなったと思います。ついつい、サーバー型とか手軽なペットボトルやアルミ缶、アルミパウチ型などの方に目が行きがちですが、どれを選択するにしても、水素水の濃度や、抗酸化作用の高さにも注意を払わないといけないことがわかります。
価格も様々ですから、どの型を選択するにしても自分が納得して購入することが、後悔しない方法です。まずは、手軽な価格で試せる、アルミパウチ型やペットボトル・アルミ缶型を購入し、試飲してから、他のタイプを検討するのが一番賢い選択です。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。