酸素と水素を溶かし込んだ機能的な水が存在していた

ACURE(アキュア)は今話題の酸素水と水素水が一緒に摂取できる水で、身体の錆びを防止してくれる水です。どちらの方が健康や美容にいいのかと迷っていた人には悩みを解消してくれる機能的な水です。水素を多く溶かす為に酸素濃度を低下させた水もあるようなのですが、ACUREは活性酸素の除去力を低下させないために、酸素濃度を高めても溶存水素量の多い水素水です。この機能的な水であるACUREについて詳しく見ていきましょう。

 

ACUREはどうやって作られる

ACUREは酸素と水素を天然水に溶かしこんで作られています。天然水は地下300mからくみ上げられており、酸素と水素は加圧方式と超繊細バブル方式の両方によりゆっくりじっくりと溶かし込まれています。
この酸素と水素自体も自社で製造されているもので、できたてを天然水に溶かし込んでいきます。このように出来立ての水を鮮度が保たれる専用の袋に入れられ、出荷されています。酸素水と水素水を両方購入しなくても、ACUREならこの1つで酸素と水素を補う事ができます。

 

ACUREのすごい所

ACUREのすごい所は、酸素と水素の両方を1度に摂取できること以外にもあります。それは酸化還元電位の値です。酸化還元電位(ORP)の値は低いほど健康にいい影響があるとされており、多くの健康にいいとされる水はマイナスの値が計測されています。
ACUREは同じマイナス値でも、なんと-600mvで、かなり低い値です。また活性酸素の除去能力を計るための値であるSOSAは130%以上です。そのため、錆びない体作りにぴったりの水といえます。

 

ACUREはいつのむのがいい?

ACUREは水素水と酸素水を別々に飲まなくても一緒に取れます。しかし、1日の中で小まめに摂取するのが一番効果的な飲み方です。1袋あたり1リットル入っていますので、1日1袋を小まめに飲むと良いそうです。12袋入りで税金と送料込みで4000円からで販売されています。
ACUREのアルミの袋は特殊構造で、他社の水素水や酸素水のボトルや容器よりも気体が抜けにくいようですが、それでも未開封でもどうしても酸素や水素が抜けるということで未開封でも6ヵ月で消費することが推奨されています。

 

まとめ

酸素水も水素水も気になる方にはぴったりの水です。しかも、天然水に自社製造の出来立ての酸素や水素を溶かし込んでいるので、水自体も新鮮なものです。
効能として、活性酸素を除去する力が優れており、錆びない体作りのサポートとして活用できます。ストレートタイプで、そのままで飲め、530mlのパックでも販売されているので、外に持っていきたいという人にはこちらのサイズもお勧めです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る
       

【免責事項】※このサイトの掲載情報については独自に収集した内容が基になっていますので、最新情報や詳細は、各酸素水業者の公式ホームページをご確認ください。